アメリカンホームダイレクトに習う、ダイレクト型自動車保険についての注意点

アメリカンホームダイレクトと言えば、軽快なキャッチフレーズのテレビコマーシャルが有名で、知らない人はいないくらい根強い印象を持つ保険会社です。

今でこそダイレクト型自動車保険のサービス内容は、当たり前になりつつあります。そもそも日本にダイレクト型自動車保険と言うスタイルを確立させたのがアメリカンホームダイレクトなのです。

そのアメリカンホームダイレクトは、2016年4月に全ての保険商品の販売を終了、自動車保険は2016年12月以降の満期契約更新の取り扱いも終了しました。

ダイレクト型自動車保険の草分け的存在であるアメリカンホームダイレクトが保険販売活動を終了するとなると、ダイレクト型自動車保険はこの先大丈夫なの?と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?万が一そのようになった場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

今回は、アメリカンホームダイレクトが日本の自動車保険業界にもたらした影響と、もしも契約中の保険会社が販売活動を終了した場合どうすれば良いのか、ダイレクト型自動車保険の注意点を調べてみました。

アメリカンホームダイレクトとは

アメリカンホームダイレクトは、アメリカの保険会社でAIGグループの子会社です。前身である「アメリカン・ホーム・インシュアランス・カンパニー・日本支社」が1960年に障害保険事業免許の取得を行いました。日本で初めての傷害保険の通信販売を行ったのがアメリカンホームダイレクトです。またこの保険会社は、現在ではダイレクト型自動車保険でも取り入れる会社が増えている「リスク細分型自動車保険」を日本に導入したのです。まさにダイレクト型自動車保険の生みの親ともいえるアメリカンホームダイレクトですが、自動車保険の販売を始めた当初は、保険内容やサービスそして何よりも保険料の安さが注目を浴びていました。
今までにない自動車保険の内容とアピール力の高いテレビコマーシャルで、注目度が上がった保険会社です。

アメリカンホームダイレクトの評価

ダイレクト型自動車保険の歴史が長いアメリカンホームダイレクトですが、評価は概ね好評だったようです。
事故受け付けが24時間ではあるものの、電話での平日のみの対応だったり、人手不足故の好ましくない電話応対だったなどの評価もあります。
ただ、コールセンターの対応は酷いものでなければその分保険料が安いので、想定範囲内だと思います。ダイレクト型自動車保険が登場するまでの自動車保険は、保険料がとにかく高額だったのでアメリカンホームダイレクトの自動車保険保険料が安くて魅力的だったのです。

販売・自動車保険契約更新終了

日本のダイレクト型自動車保険の地位を確立したアメリカンホームダイレクトが、2016年に新規保険販売と自動車保険の契約更新業務の取り扱いを終了しました。
なぜこの様な体制になったのでしょうか。アメリカンホームダイレクト側は、これらの理由を「事業の簡素化」という発表しています。
自動車保険に関しては、満期契約更新の際にソニー損保を引継ぎ先に指定しました。
「同じダイレクト型自動車保険を扱っているため信頼がおける」とのことです。

契約中の保険会社が販売活動・更新手続きの終了を発表した場合

契約中の保険会社が販売活動・更新手続きを終了したら、誰しもが不安になりますよね。
頻繁にあることではありませんが、その後の保険会社の対応や動向をしっかりとチェックしましょう。

契約更新ができないという事は、今まで受けていたサービスなどはなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。またタイミングを見計らって、他社の自動車保険を検討することも大切になってきます。

ダイレクト型自動車保険の注意点

ダイレクト型自動車保険を選ぶ理由に、保険料の安さが挙げられます。確かに保険料が安い会社は多いのですが、その分代理店型自動車保険よりもサービスの手厚さに差が出てきます。補償内容の相違を無視することはできませんが、電話応対が多少簡素でも保険料の安さで妥協することは致し方ないでしょう。

またダイレクト型に限らないのですが、保険会社に任せっぱなしにせずご自分の契約内容や補償内容をきちんと把握しておくことが重要です。手厚い対応・サービスをご希望であれば、ダイレクト型よりも代理店型の自動車保険をおすすめします。

まとめ

アメリカンホームダイレクトの一件で、「ダイレクト型自動車保険は大丈夫だろうか?」と感じた方は多いと思います。何もダイレクト型自動車保険や保険会社が危険なのではありません。自動車保険の内容を理解しないで選ぶ行為が危険なのです。自動車保険の保険料が安いのは良い事です。

しかし保険料の安さやだけにとらわれず、保険のサービスや補償内容を確認して納得したうえで自動車保険を選んで下さい。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自動車保険における保険会社と保険代理店の違い、保険代理店のメリット・デメリットを...

NO IMAGE

イーデザイン損保の自動車保険は選べるプランが豊富?自分に合ったプランを選ぶことが...

NO IMAGE

ソニー損保の自動車保険は年間距離走行距離割引がお得?

NO IMAGE

あいおい・ニッセイ同和損保の自動車保険は1日保険、ドライバー保険など種類が豊富!

NO IMAGE

ロードサービスが頼れるSBI自動車保険を徹底調査

NO IMAGE

三井ダイレクトの自動車保険は迅速な対応と便利なサービスが頼れる安心サービス