当て逃げの処罰は重いの?当て逃げに遭った場合の気を付けたいポイント

当て逃げは相手方の車に接触してキズや破損を負わせるいわゆる物損事故を起こしてしまったにもかかわらず、そのまま逃走してしまうことです。人身事故を起こして逃走した場合、罪が重くなることはもちろんですが、当て逃げも罪になります。「対象が物だから」「ちょっとした傷だから」などと物損事故を起こしている状態で、逃げて良い訳がありません。

車を運転していれば大きな事故に限らず、程度の軽い物損事故に遭う可能性はドライバーの誰しもが持っています。今回は、当て逃げに遭った場合に気を付けたいポイントと処罰について調査しました。

当て逃げに遭った場合に気を付けたいポイント

皆さんは当て逃げに遭った場合、どのように対処しますか?「駐車場にしばらくの間車を止めて、戻ってきた時に車がキズついていた。。。」

この様な事はよく耳にする、もしくは経験があるかたもいらっしゃるでしょう。運転中に当て逃げをされたらすぐに警察を呼ぶと思います。ですが車を駐車中にキズを付けられた場合、程度にもよりますが大したことがないようであればわざわざ警察を呼ばない方も多いのではないでしょうか。

しかし、当て逃げに遭った時は軽度であっても、警察を呼び事故証明を発行してもらいましょう。これがないと車を修理する際に保険の支払いが受けられません。車を運転中にぶつけられた時は、そのまま逃げられることもよくある事なので相手のナンバーをできる限りメモなどに残しておきます。

また、相手方と話し合いができたとしても連絡先と合わせて車のナンバーや免許証の確認をしておくと安心です。何故かと言うと、相手がきちんとした連絡先を教えるとは限らないからです。最後のポイントは、情報の収集です。特に駐車場に止めていた時の当て逃げでは、周りの人達が何かしら目撃しているかもしれません。諦めずに、周辺での情報収集をおすすめします。

情報収集で気を付けていたいものに防犯カメラが挙げられます。最近では道路や商店がにも防犯カメラが設置されている場所が増えてきました。管理人に事情を説明して、映像をチェックしてみることも合わせて行ってみるのも1つの方法です。気を付けたいポイントの最後は、修理が必要な場合、車両保険が使えるかどうかの確認です。

加害者が特定できない当て逃げでは、ご自身の車両保険を使って修理をすることが大半のケースになります。保険契約によっては当て逃げ補償がされないこともあります。車両保険を使うと、翌年の保険料が上がりますので破損やキズの状態によっては保険を使わないことも1つの手段かもしれません。これらの事を含めて、加入先の保険会社に相談してみると良いでしょう。

当て逃げに遭った場合に気を付けたいポイントをまとめてみました。

  • ちょっとした物損事故でも警察に連絡、事故証明書をもらうこと
  • クルマのナンバーや連絡先などを確認する
  • 目撃情報の収集
  • 車両保険の確認

命の危険に影響が低いとはいえ、事故には変わりありません。慌てずに対処したいですね。

当て逃げの処罰

当て逃げの処罰については以下のようになります。

  • 危険防止等措置義務違反5点(安全運転義務違反2点を加算される場合もあり)
  • 1年以下の懲役または10万円以下の罰金

通常の物損事故であれば、違反点数や罰金はありません。壊した物の損害賠償責任だけで済みますが、当て逃げをしてしまうと行政処分と刑事処分が行われます。

当て逃げで怪我をした場合

当て逃げ犯が見つかる確率はとても低く、警察は軽度の物損事故だとあまり捜査をしないことも1つの理由かもしれません。

例えば当て逃げで怪我をした場合は、人身事故のひき逃げとして事故を扱うことにもなりますので警察も力を入れて捜査を開始します。乗車中の当て逃げで怪我をした場合は、病院で診察を受け、診断書をきちんともらいましょう。

物損事故を起こしてしまったら

万が一物損事故を起こしてしまったら、とにかく逃げないことです。例え軽度な物損事故でも「大したことはない」「大丈夫だろう」と思わないことです。物損事故では余程の事でない限り、加害者の負担が大きくなることはありません。

しかし、事故現場から逃げてしまうと、「逃げた」ということで罪が重くなり、マイナス要素になってしまい、主張をする際にも信憑性が欠けてしまいます。加入先の保険会社が補償などの処理を行ってくれますので、被害者には誠実な対応で接しましょう。

まとめ

当て逃げに関する内容についていかがでしたか?
加害者が不明になりがちな当て逃げは、警察がなかなか動いてくれないため諦めてしまうことも多いですが、少しでも事故後の負担を減らすべく
ご紹介したポイントを把握して対応しましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ交通事故が起こるの?原因と死亡事故の刑罰について

人身事故の損害賠償の金額はライプニッツ係数で決まる!