Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/wpmein/carhoken-gaido.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

物損事故と人身事故の違い、物損事故から人身事故への切り替え方について調査

交通事故には、被害の対象によって「物損事故」と「人身事故」の2タイプがあります。「物損事故」は、他人の財産を侵害する場合を、「人身事故」は、人の生命や身体を侵害する事故を指します。

交通事故は、頻繁に遭うことはないので事故の内容や種類まで詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、物損事故と人身事故の詳しい違い、物損事故から人身事故への切り替え方とメリット・デメリットについて解説していきます。

物損事故と人身事故の大きな違い

冒頭でも述べた通り、「物損事故」と「人身事故」の違いは、簡単に言えば「死傷者の有無」です。いずれの事故も賠償請求が可能ですが、人身事故は人の生命や身体にも被害を被る為、被害の大きさは物損事故と比較することは難しいです。

それ故に、物損事故と人身事故では賠償請求において違いが生じています。物損事故と人身事故の大きな違いと言えば、自賠責保険が挙げられます。自賠責保険は、強制保険とも呼ばれている保険で、未加入の場合は罰則が設けられています。

この自賠責保険は、人身事故の補償には適用されますが物損事故の場合は適用されません。仮に人身事故に遭ったとして、加害者側等が任意保険に未加入であっても、自賠責保険で最低限の損害賠償の支払いを受けることができます。

ただし、物損事故の場合は、加害者等が任意保険に未加入ですと自賠責保険の対象外なので損害賠償金を受け取ることができないといった大きな問題が生じてしまうのです。「物損事故」または「人身事故」かによって、保障金額が変わってくるのです。

慰謝料が発生しない物損事故

物損事故と人身事故は、加害者に対して損害賠償請求をすることができますが、物損事故の場合、精神的苦痛についての補償(慰謝料請求)はすることができません。

加害者に罰則が付く人身事故

人身事故で付く主な罰則

  • 運転免許失効・取り消し
  • 業務上過失致死傷罪
  • 被害者に対しての損害賠償責任

交通事故で加害者が「物損事故」扱いを申し出るケースがあるようですが、理由は上記の罰則を回避したいがためでしょう。交通事故で被害を受けた場合、少しでも体の異常を感じていたら物損事故ではなく人身事故での届け出をおすすめします。

「物損事故」から「人身事故」への切り替え

交通事故でケガ人がいなければ、通常は「物損事故」として警察に届け出をします。しかし、交通事故によるケガが事故当初は目に見えるものではなく分からいないことも多いです。体の不調(首や腕、足など体のしびれや痛み他。。。)によって、「実は骨にひびが入っていた。」というケースもあります。

物損事故では、自賠責保険が使えないので人身事故に切り替える必要があります。その際に必要な書類は、「人身事故証明入手不能理由書」と医師の診断書です。

この手続きは、事故後しばらく経過してからのケガの症状に有効なものであって、不正な場合(例えば、はじめからケガをしているのに物損事故で届け出たなど)には認められません。

また、警察に届け出た事項に対しての変更なので、そもそも物損事故の届け出をしていなければ変更するものが無く手続き自体できないので注意しましょう。

事故後には何がどのような状況に変化するかは分かりません。程度の軽い物損事故でも、きちんと警察に届け出ましょう。そして、事故後少しでも体調に変化や異常を感じたら、速やかに病院で受診をしましょう。

どのような症状でも「大丈夫だろう。。。」と放置しないで下さい。その症状が後に悪化することもあるからです。事故後遅くても10日以内を目安に、受診します。あまり遅い診断では、交通事故の因果関係を疑われてしまうかもしれませんので注意して下さい。

物損事故扱いにするデメリット

「損害賠償請求権があるから物損事故扱いで問題ない」と思いがちですが、実際のところどうなのでしょうか。物損事故の場合、物件事故報告書という簡易的な作成書に対して、人身事故では、実況見分調書が作られます。実況見分調は、事故状況が争われるケースで非常に重要視されるのです。

交通事故に遭った場合、加害者から程度が軽いけがであれば物損事故扱いにしてほしいと言われることもあるかもせれません。物損事故扱いにしても被害者側からするとなんのメリットもありません。

また事故後、体の不調を感じているのに物損事故扱いにしてしまったら、損害賠償請求ができない恐れがあります。精神的にも辛く大きなデメリットしか残りません。その様な状況では、人身事故扱いにしておくことをおすすめします。

まとめ

物損事故と人身事故の違いはお分かりいただけましたか?「物損事故」、または「人身事故」なのか。。。判断に迷ったら専門家に相談することも一つの方法です。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。