事故や修理の時に代車費用はかかるの?代車特約も合わせて解説

事故や不具合、もしくは破損等で自己走行が不可能になった時は、修理に出しますよね。修理が完了するまで代車が必要な方もいらっしゃると思います。以前では代車を依頼すると、無償で代車を用意してくれましたが、無償であったり有償の場合もあります。

車検の時でも、有償の場合がありますので、代車を希望する時は注意が必要です。今回は、修理時などの代車費用と代車特約について解説します。

代車の必要性

修理や事故、車検などの際に代車が用意されることは、車が必要な地域では大変ありがたいサービスです。この時に1番の問題が代車費用です。代車費用は、無償の時もあれば有償であることも多いです。

数日の代車であれば、貸してくれる修理店もあるかもしれません。しかし、修理などで長期にわたる場合や代車の在庫によっては借りれないこともあります。保険会社から代車費用の支払いが認められる為には、代車の必要性が重要になってきます。

日常生活に欠かせない場合や、業務上の理由で必要である場合、通院などは認められますが、被害車両の代わりを果たすことができる状態、例えば他にも車両を保有している場合や、それ以外にも代車の使用が認められない状況であると、代車の必要性が低いとみなされ代車費用は認められなくなります。

ここで注意しておきたいポイントを挙げておくと、通勤等で使用していても公共機関やタクシーの利用で代替えが可能な場合も代車の必要性は認められなくなります。また、車が好きで運転を趣味としている場合も、同様の可能性が高くなります。

代車費用の金額

代車の必要性が認められたら、次は代車費用の金額が問題になっていきます。代車費用には制限が設けられており、例えば高級車の代車として同じランクの代車費用が支払われる訳ではないので気を付けて下さい。

ランクとしては、所有車両のワンランク、またはツーランクくらい下の車種が代車費用として認められます。高級外車については、外車ではなく国産高級車の代車として認めるケースがほとんどを占めています。

代車費用のおおよそは、実費で国産車5,000円~1万5000円、外車ですと、1万5000円~2万5,000円前後と言われています。

事故の場合の代車費用について

事故によって車両が破損、修理の場合、代車費用は、以下の条件によって相手方の保険会社負担となります。

  • 相手が任意保険に加入している
  • 過失割合が100:0で、こちら側に非はない場合

ただ、勝手に代車を依頼してしまうと相手方とのトラブルの基になりますので、相手の了承を得てからにしましょう。実際には、保険会社の紹介で代車を用意してくれるパターンが一般的です。

自分に過失があった場合の代車費用

自分に過失があった場合の事故でも、代車費用を請求することができます。諦めずに、保険会社へ問い合わせをしてみましょう。

代車の使用期間

代車が使用できる期間は、「実際に借りた期間」ではなく、「修理や買い替えに要する相当期間」と定められています。しかし、期間内に修理や買い替えが終了すれば問題ありませんが、早急に修理に取り掛かるケースと、見積もりや事務的な処理に時間がかかり修理の着手までに時間がかかる場合もあります。

この様な時は、修理にかかる期間のほかに、見積もりや交渉にかかる時間も期間内に含まれる裁判例が過去にあった為、これらの期間が代車費用の期間に認められるように、念のため記録に残しておくと良いでしょう。全損で買い替えが必要となり代車使用が認められた場合は、2週間から1ヶ月くらいとなります。

代車費用特約

ちょっとした代車であれば、「ロードサービスで事足りるのでは?」と思われる方もいらしゃっるかもしれません。ロードサービスの基本は、「突然のトラブルによる自走不可能になった場合」のみで、事故や修理など長い期間の代車費用は補償されません。

また数日の代車であれば、貸してくれる修理店もあるかもしれませんが、修理などで長期にわたる場合や代車の在庫によっては借りれないこともあります。長期の代車が必要であるならば、代車特約を附帯しておくと安心です。

代車特約は、車両保険に加入していることが基本です。保険会社によっては代車特約のみの契約も可能なので、確認してみて下さい。車両保険とプラスアルファーで保険料を払うことになるので、割高に感じるかもしれませんが、安心して修理期間を過ごせるので、付加価値は大きいと思います。

まとめ

代車の必要性は、個々の生活環境などによって違いが生じます。
通勤や通院で毎日の様に車を運転する方や、郊外などで車が必需品の地域にお住いの方は、もしもの時に備えて代車費用特約は必須でしょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲酒運転は人生を狂わす?飲酒運転の罰則、違反点数と罰金の相場とは?

自動車保険の弁護士特約の保険料はどれくらい?具体的な内容とメリット・デメリットも...

車を一時的に手放す時に発行する中断証明書の適用条件や必要書類とは?

自動車保険の相場は条件によって違う?20代~40代の保険料を見積もり調査

自動車保険は自賠責保険だけでは足りない?詳しい補償内容と任意保険との違いとは?

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査