ドライブレコーダーの上手な選び方とは?使い方、録画の仕組みも解説

「最近ドライブレコーダーという言葉を耳にする機会が増えた。」と感じませんか?ドラコレと略されることもあるドライブレコーダーは、自動車のなどの情報を記録する録画装置です。

一般のドライバーにはあまり馴染みのないものなので、ドライブレコーダーの事をよく分からない方も多いかと思います。今回は、ドライブレコーダーの録画の仕組みや使い方、上手な選び方をご紹介します。

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは、車両の情報を録画できる機械です。ドライブレコーダーで録画した情報は、交通事故の際に大変役立ちます。その他には、他社のドライバーから苦情が来た時にも有効に活用が期待できます。

商用トラックには、ドライブレコーダーの設置が義務付けられている為、トラックドライバーの方々は一般のドライバーよりもドライブレコーダーに馴染みがあるのではないでしょうか。近年ではタクシーにもドライブレコーダーが普及しているので、トラブル時の証拠映像を押さえる事に一役買っています。

ドライブレコーダーの取り付け場所は、自動車のフロントガラスもしくはダッシュボードが一般的です。
走行中の車内や前方を動画で撮影することが可能です。

ドライブレコーダーの使い道

ドライブレコーダーの使い道としては、交通事故の状況判断や苦情が来た場合の対処と言ったところでしょうか。交通事故が起きると、様々な状況での判断がなされています。限られた情報しかない中での難しい判断の場合もあります。

例えば、信号無視などは事故の証明が難しいのですが、ドライブレコーダーの記録があれば事故原因の特定も分かりやすく、事故後の処理が比較的迅速に行えるのです。ドライブレコーダーの記録映像は、交通事故で裁判になった際にも事故状況を客観視できるので、判断材料として有効な場合があります。

最近ではその様な理由から、ドライブレコーダーを自家用車に取り付けるドライバーの方が増えています。

録画の仕組み

基本的なドライブレコーダーの録画の仕組みを見ていきましょう。

①自動車のエンジン始動後、バッテリーからの供給電力で撮影開始。

②衝撃もしくは急ブレーキなどで内蔵センサーが作動。

③衝撃を受けた前後数秒の映像を内部メモリーもしくはSDカードへ自動的に保存。

(*自動車のエンジンを止めるとドライブレコーダーも作動を停止しますが、機種によっては内臓電池の働きによって一定時間録画可能のタイプもあります。)

機種にもよりますが、手動で撮影を開始できるタイプもあるので撮りたい対象の撮影も可能です。このタイプの面白い使い方としては、自分の運転を録画することによって自分自身で運転チェックができるので安全運転を意識向上にも役立ちますね。
またドライブシーンを撮影して、想い出として記録に残すのも面白いかもしれません。

録画時間はどれ位なの?

一般的なタイプのドライブレコーダー(SDカード4G~8G仕様)で、1~2時間の撮影が可能です。録画時間は、機種の容量と画素数によっても変わってきます。
もう少し長い録画時間を希望であれば、容量が多い機種を選ぶことをおすすめします。

ドライブレコーダーの上手な選び方

ドライブレコーダーを選ぶポイントをまとめてみました。

  • 容量
  • 画素数
  • 音声機能

容量が多ければ、録画時間も増えますよね。また事故の証拠として、画像の鮮明度は気になるポイントだと思いますが、できるだけ画素数が高い機種であれば夜間の録画も問題なく撮れます。交通事故は夜間に多いので、画像の鮮明さが気になる方は画素数の多い機種を選んでみてはいかがでしょうか。

音声機能に関しては、必要性を感じなければ特にこだわるポイントではないような気がします。容量・画素数が多ければドライブレコーダーの本体価格も上がります。予算と相談して、無理のない範囲で自分に合ったドライブレコーダーを選んで下さい。

ドライブレコーダー、これだけは気を付けたいこと

ドライブレコーダーのメンテナンスはこれと言ってとくにはありませんが、気を付けたいことと言えば「録画容量」です。録画容量を超えると、古い画像は消去されていくので、定期的にSDカードやパソコンへの保存をおすすめします。

いざという時に、「容量がいっぱいで記録されなかった。。。」などという事は避けたいですよね。GPS機能付きのものであれば、映像と走行位置をネットの地図上に表示できる機能もあって大変便利です。

まとめ

ドライブレコーダーは、安いタイプのもので9千円位から、高い値段では5万円のものまであります。本体価格だけでなく、容量や画素数のチェックも忘れずにご自身が納得するドライブレコーダーを探して下さい。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の車両入れ替えや手続きのタイミングとその流れ、等級の引継ぎを解説

ゴールド免許はどれくらい保険料が安くなるの?ブルー免許保険料との違い

【自動車保険の見積もり】ベストなタイミングを見逃さないコツとその方法を解説

事故や修理の時に代車費用はかかるの?代車特約も合わせて解説

車の盗難は車両保険で補償される?タイプによって補償の範囲も違う?

自動車保険の弁護士特約の保険料はどれくらい?具体的な内容とメリット・デメリットも...