飲酒運転は人生を狂わす?飲酒運転の罰則、違反点数と罰金の相場とは?

自動車運転にはいろいろな罰則がありますが、その中でも飲酒運転に関する罰則はとても厳しいです。「飲酒運転は正しくない」「罰則が厳しい」という様なことは、多くの方がご存知かと思います。ただ、その詳しい内容まで把握している方はあまり多くはいらっしゃらないのが実際のところではないでしょうか。

場合にもよりますが、罰則だけでは済まされないのが飲酒運転の怖さです。今回は、飲酒運転の罰則、違反点数と罰金の相場を調査しました。

飲酒運転の種類について

「飲酒運転に種類なんてあるの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。飲酒運転には2種類あります。「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」です。2つとも同じように見えますがこれらの違いを簡単に言うと、アルコール濃度の違いです。

酒酔い運転の基準は、運転者の状態の様子を指します。2つの特徴を以下にまとめてみました。

判断基準
酒気帯び運転① 呼気1Lにつきアルコール濃度が0.15mg以上0.25mg未満。または血中1mlにつき0.3mg以上0.5mg未満
酒気帯び運転② 呼気1Lにつきアルコール濃度が0.25mg以上。または血中1mlにつき0.5mg以上
酒酔い運転 体内のアルコール濃度に関係なく運転手の状態によって(酒臭、呂律や目の状態、正常な歩行や判断ができるかどうかなど)

アルコール濃度は運転者の体重にもよります、一般的な体重を基にしており例えば体重が70kgの方ならば、350mlの缶ビール1本で判断基準に達すると言われています。また、酒酔い運転は呼気1Lあたりのアルコール濃度が0.15mg未満であっても、正常な運転状態でない場合は「酒酔い運転」と判断されてしまいます。

飲酒運転の罰則、違反点数について

飲酒運転の罰則は以下の通りになります。

違反名 刑罰 違反点数
酒気帯び運転① 3年以下の懲役または50万円以下の罰金 13点
酒気帯び運転② 3年以下の懲役または50万円以下の罰金 25点
酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金 35点

酒気帯び運転はアルコール濃度の違いに関わらず、刑罰は同じ内容になっています。ただし違反点数は異なっており、酒気帯び運転および酒酔い運転ともに厳しい罰則となっていることがお分かりいただけると思います。

因みに呼気1Lにつきアルコール濃度が0.15mg以下であれば飲酒運転は大丈夫であるかと言うと、勿論そんなことはありません。

また、上記の刑罰は飲酒運転のみで、過去に免許停止などの行政処分を受けていない方の場合です。過去に何らかの処分を受けている場合は、さらに厳しい処分になる可能性が高いようです。

道路交通法第65条

「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」
引用:飲酒運転の罰則等http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/torishimari/inshu_info/inshu_bassoku.html

法律でも定められているように、お酒を飲んだら自動車運転はしてはいけないのです。

厳しい違反点数

飲酒運転は違反点数が高く、免許停止もしくは免許取り消しのどちらかに該当します。

違反点数 罰則
13点 免許停止90日間
25点 免許取消 欠格2年間
35点 免許取消 欠格3年間

欠格とは、免許が取得できないことを指します。よって欠格2年間は、2年間のあいだには免許の取得ができないことを表します。刑罰と同様に違反点数でも厳しい処分が待っています。

運転者以外も厳しい罰則

「運転者の飲酒を知りながら同乗していた」この様な場合、同乗者に罪はないと思われるかもしれませんが、実は処分の対象になります。

お酒を飲んだ運転手に車を貸したり、運転をすすめる、送迎の要求なども罪になります。運転者だけではなく周囲の人も、処分の対象になるのです。以下に詳しくまとめてみました。

違反名 刑罰
車両提供者 運転者が酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
車両提供者 運転者が酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
お酒の提供者 運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役または30万円の罰金
同乗者 運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

これらのケースは、飲酒運転のみの場合です。飲酒運転の上に死傷事故を起こした時は、もっと厳しい処分の対象となる事があります。「運転しないから関係ない」では済まされないのです。周囲の人も注意が必要です。

死傷事故を起こした場合

飲酒運転で死傷事故を起こした場合の罰則は以下になります。

罰則名 内容 症状 刑罰
自動車運転過失致死傷罪 注意を怠り人を死傷させた 負傷または死亡 7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金
危険運転致死傷罪 アルコールや薬物などで
正常な運転が不可能な状態
負傷 15年以下の懲役
死亡 1年以上の有期懲役

まとめ

飲酒運転の罰則がどれだけ厳しい事なのかがお分かりいただけましたか?「飲んだら乗るな・乗るなら飲むな」運転手だけでなく周囲の方も注意して、お酒やカーライフを上手に楽しみましょう

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

交通事故で格落ちした車を保険会社に損害請求する時のポイント

【自動車保険の種類】自賠責保険と任意保険それぞれの特徴とは?

ゴールド免許はどれくらい保険料が安くなるの?ブルー免許保険料との違い

NO IMAGE

自動車保険の車両入れ替えや手続きのタイミングとその流れ、等級の引継ぎを解説

NO IMAGE

自動車保険証券を紛失した場合の手続き方法

自動車保険は等級によって保険料が異なる?等級別割引率を徹底調査!