【自動車保険の選び方】自分にぴったりの自動車保険を選ぶ3つのポイントとは?

自動車保険は実に様々なタイプがありますが、その種類の多さから保険選びに頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?自動車保険を取り扱う会社もたくさんあるので、保険選びに悩んでしまうのも無理はありません。

しかし、自動車保険を選ぶ際には、押さえておくべきポイントがあるのです。そのポイントとは、補償内容、加入方法、走行距離の3つです。今回は、これらの3つのポイントを詳しく解説していきたいと思います。

自動車保険の種類と選ぶポイント

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類がありますが、「自賠責保険」は加入が義務付けられています。ですから、自動車保険を選ぶ時は自賠責保険の補償額を補う内容の任意保険を選ぶことが大切です。

なかには、「自賠責保険に加入しているから大丈夫」と思っている方も多いようですが、果たしてそうなのでしょうか?

自賠責保険の補償額が最低限、かつ事故で相手に怪我を負わせたら賠償額が高額になるなどの理由で、ケースによっては自賠責保険でカバーできない場合があるのです。まずは任意保険の重要性を把握して、補償内容を選びましょう。

  • 補償内容
  • 保険会社のタイプ
  • 走行距離

ポイント1.補償内容

任意保険を選ぶ際には、自賠責保険の補償内容を把握しておくことがポイントです。

自賠責保険の補償内容
  • 傷害(1名につき):120万円上限
  • 後遺症障害(1名につき):4,000万円上限
  • 死亡(1名につき):3,000万円上限

任意保険の補償額はライフスタイルや生活環境によって個人差があると思いますが、自賠責保険の補償金額を参考に選ぶことをお勧めします。

自動車保険には色々な種類があるのですが、大きく分けると「自賠責保険」と「任意保険」の2つになります。では2つの保険の特徴は?と聞かれたら詳しい補...

任意保険の補償内容を選ぶ決め手は何を重視するか

自賠責保険を補うとしても、人それぞれ重視するポイントが異なると思います。前もって何を重視したいのかを明確にしておくことで、任意保険をスムーズに選ぶことができるのです。

ディーラーや代理店に自動車保険を勧められる事も多いでしょう。そのような時も、自分の希望である補償内容を伝えて「勧められっぱなしの不安な自動車保険」から卒業しましょう。

自動車保険の任意保険、加入率を全国別、主な都道府県別に調査してみました。 自動車保険の任意保険は、その名の通り加入する・しないは本人の自由...

ポイント2.保険会社のタイプ

自動車保険に加入する際、大きく分けると国内代理店型自動車保険(国内損保)と通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険)の2種類があります。ほとんどの人は、「車を購入・修理をしてくれるお店でディーラーなどが勧めてきて加入」という流れが一般的ですよね。

ディーラーや代理店が勧めてくる保険は、補償内容や金額など予め決められたセットのタイプがほとんどな為、あれこれと選ぶ手間はかかりません。その分、自分にあまり必要でない補償内容だったり、自動車保険料が高めであったりします。

そして、近年は安さと手軽さで人気の通販型、いわゆるダイレクト型自動車保険のタイプも、加入者が増えて目立ってくるようになりました。対面式の自動車保険よりも安い保険料が特徴的で、基本的にすべてのやり取りはコールセンターのスタッフと行います。

ただ、対面式に慣れている方からは「事故対応の場合に大丈夫だろうか。。。」と不安を感じる要素になっていることも事実です。

ダイレクト型自動車保険(通販型自動車保険)の対応力

ダイレクト型自動車保険は、代理店タイプのものよりも対応力に欠けるのでしょうか?確かに、対面でない為不安を感じる気持ちは分かります。私も同じような気持ちでした。

しかし、私が現在加入しているダイレクト型自動車保険、そして以前加入していた代理店型自動車保険の2つで事故などの対応を依頼した経験がありますが、代理店型の自動車保険と変わりなく親身で迅速な対応でした。

それ以来、ダイレクト型自動車保険への不安感は、払拭されました。ともあれ、この点についてはご自身の好みが左右されるので、ご自身が安心を感じやすい方法での加入を選択することをお勧めします。

自動車保険には大きく分けて、国内代理店型自動車保険(国内損保)と通販型自動車保険(通販型損保)の2種類があります。近年では、通販型(ダイレクト型...

ポイント3.走行距離

最近では、ダイレクト型の自動車保険が、「年間走行距離割引」を頻繁にアピールしている広告が増えてきていますね。この割引制度は、走行距離が短ければ短い分だけ自動車保険料が安くなるシステムです。

保険会社によって走行距離の区分に違いはありますが、大体3,000km、5,000km、7,000km、10,000kmのように分かれています。

走った分だけ事故リスクが低くなるので、自動車保険料が安くなるのですが、その反面、設定した走行距離を大幅にオーバーしてしまうと翌年の更新時に保険料が上がります。年間の走行距離が短い自動車ユーザーには、見逃せない割引制度と言えます。

なお、走行距離に関しては保険会社が実際調査に訪れることはありませんが、実際の走行距離をきちんと申請しておかないと事故対応などで保険金が下りないという事態にもなりかねませんので注意して下さい。

まとめ

自動車保険を選ぶ3つのポイント、補償内容、加入方法、走行距離についてはいかがだったでしょうか?ご自身が重要視するポイントはどこなのかをきちんと見極めて、補償内容や保険料に無理のない自動車保険を選ぶ際の参考にして下さい。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

気軽に利用できる1日タイプの自動車保険の補償内容、通常の自動車保険との違いは?

NO IMAGE

交通事故の加害者が任意保険に未加入だった時の対応方法を調査

NO IMAGE

飲酒、麻薬、危険ドラッグ使用による交通事故の任意保険について調査

NO IMAGE

自動車保険、任意保険の都道府県別の加入率と未加入率を調査!

自動車保険の任意保険は絶対に入った方がいいの?全国の加入率を調査

NO IMAGE

交通事故の保険支払い、保険金を決める基準と保険支払いの流れについて調査