Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/wpmein/carhoken-gaido.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

【自動車保険、補償額の相場を調査】

自動車保険を契約する時に頭を悩ますのが、補償金額の設定という方は多いのではないでしょうか。最近の自動車保険は、補償内容や補償額を自由に設定できるタイプのものが増えてきているの反面、どのような設定にすれば良いか迷ってしまう事も少なくありません。

補償金額を高く設定すると万が一のには安心ですが、保険料が高くなります。逆に、保険料を節約しようと補償額を安く設定してしまうと、事故の際に十分な補償が得られなくなってしまいます。今回は、自動車保険の補償額を設定する上で参考にしていただける相場をご紹介します。

補償内容と補償額

自動車保険の契約や更新時に迷ってしまうものの1つに補償額の設定が挙げられます。事故など万が一の際に、「補償額が足りない」などという事のないような範囲で補償額を設定することが大切です。

また同様に、補償内容を確認することも重要になってきます。手厚い補償が受けられれば良いに越したことはありませんが、その様な自動車保険は保険料が高くなります。反対に、節約の為に大切な補償まで削ってしまうと保険料は安くなりますが、必要な時に補償が足りなくなってしまう恐れがあります。

自動車保険の補償内容

自動車保険の補償内容は、以下の通りになります。

対人賠償責任保険 契約車両を運転して相手方を死傷させてしまった場合に補償されます。
対物賠償責任保険 契約車両を運転して、ガードレールや壁、電柱などを破損してしまった場合に補償されます。
人身傷害補償保険 契約車両を運転して事故を起こした時、自分や同乗者が死傷した場合に補償されます。
搭乗者傷害保険 契約車両を運転して事故を起こした時、自分や同乗者が死傷した場合に補償されます。(人身傷害補償保険を上乗せ)
自損事故保険 自損事故によって自分や同乗者が死傷した場合、自賠責保険で補償されない部分をカバーします。
無保険車傷害保険 対人賠償責任保険に加入していない、保険金が支払えないなど賠償資力が十分でない相手との事故により死傷した場合に補償されます。
車両保険 契約車両が、火災、事故などで破損した場合に補償されます。(補償範囲は選択制)

保険会社によって異なりますが、これらの補償内容と補償額を選択することになります。

補償内容の選び方

自動車保険の補償内容のメインは、対人・対物賠償責任保険となりますので、基本補償の設定に組み込まれています。搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険は、保険会社によって選択制の場合があります。

運転する状況や十分な貯蓄がある場合などは、補償そのものを選ばないという方法もあります。車両保険は、付ける付けないで迷われることもあると思いますが、車の状態やご自身の希望によって決めると良いでしょう。

どちらかと言うと、中古車よりも新車を購入した際などは車両保険を付けておいた方が良い場合があります。新車で事故に遭ってしまったら、修理代がかさむので補償があると助かります。

補償額の相場

補償額の相場を以下にまとめてみました。

補償内容              補償額

対人賠償責任保険        無制限
対物賠償責任保険        無制限
人身傷害補償保険        5,000万円
搭乗者傷害保険          1,000万円(人身傷害補償保険に加入であれば選択を外すのもあり)
自損事故保険、          設定の必要無し 死亡時1,500万円 後遺症傷害の場合50万円~1,500万円(介護が必要でない場合は350万円上限)
事故によるケガで入院した場合,1日4000円(ともに100万円が限度)
無保険車傷害保険        設定の必要無し 事故による死亡や後遺症傷害のみ、相手が負担するべき損害賠償不足分

対人・対物賠償責任保険の補償額は、損害賠償金額が高額になるケースが多いのでもしもの為に無制限で設定しておくことをおすすめします。補償額を数千万円減額したところで、無制限設定と比べてもそれぞれの保険料にあまり変わりはありません。 あったとしても数千円の違いなので、それならば無制限設定にしておく方が安心です。

また、車両保険の補償額は、形式、所有年数、走行距離など車の状態によってそれぞれ違いがあるので正確な金額は見積もりを取ってみないと分かりません。車両保険を付けると、保険料がぐんと上がることが多いので、所有車の状態によっては選択を外すこともありなのではないでしょうか。

まとめ

自動車保険の補償額に関しての内容はいかがでしたか?補償額を決める目安として参考にしてみて下さい。そして、いくつか見積もりを取って比較しながら納得のいく自動車保険を作り上げましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険は自賠責保険だけでは足りない?詳しい補償内容と任意保険との違いとは?

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査

自動車保険の契約者と被保険者の違い、名義変更時に気を付けたいポイントとは?

NO IMAGE

マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違い、加入する際の注意点を調査

【自動車保険の損害請求】知っておきたい交通事故時の損害賠償の種類

NO IMAGE

自動車保険の車両入れ替えや手続きのタイミングとその流れ、等級の引継ぎを解説