自動車保険の上手な掛け金設定の仕方とは?補償額を把握して最適な保険を見つける

自動車保険の補償は大きく分けて「対人・対物賠償」「人身傷害・補償、搭乗者傷害」「車両保険」に分類されます。

自動車保険を契約する際に、それぞれの掛け金を設定する必要があります。近年では、ネットで簡単に自動車保険料の見積もりが可能ですがその時にこれらの掛け金をいくらに設定すればよいのか悩むかもしれません。

大きな補償があれば安心ですが、掛け金が大きければその分保険料が高くなり大変なことになってしまいます。今回は、自動車保険の上手な掛け金設定の仕方を徹底解説します。

自動車保険の掛け金の設定

自動車保険料の掛け金は、見積もり時に設定をします。契約者が、 「対人・対物賠償」「人身傷害・搭乗者傷害保険」「車両保険」の掛け金を、好きな金額に決められるわけではなく、ほとんどの自動車保険会社が一定の範囲での選択制をとっています。

保険会社によって金額選択の範囲は異なりますが、例えば対物賠償の金額を設定する時に1,000万円から9,000万円の間で1,000万円増額刻みの選択肢が表示されれば、その中から希望の金額を選択することができます。

決められた範囲内ですが、金額を設定できる点からすると自分でコントロール可能という事でもありますね。

補償別の掛け金設定の仕方

どの補償に対してどれくらいの掛け金を設定すれば良いのか分からない。。。と頭を悩まされる方も多いのではないでしょうか。

万が一の事故に備えてある程度の補償は必要なので、保険料を安くしたいからと言って安易に掛け金を少なく設定することは避けましょう。その反対に、どの補償も十分すぎるくらいの掛け金を設定すると保険料が高くなってしまいます。

対人・対物賠償保険の掛け金設定

対人賠償保険は、「歩行者に怪我を負わせた」「相手車に乗車中の人を怪我させてしまった」という場合に補償をしてくれる保険です。対人賠償に関しては、事故で一番重要な保険なので無制限の設定での契約が一般的です。

対物賠償保険は、「他人の自動車と衝突して相手方の自動車を壊した」「ガードレールや電柱にぶつかり壊した」「道から外れて他人の家屋にぶつかってしまった」など相手方の自動車や、壁、ガードレールなどのものを破損させた場合に補償してくれる保険です。

事故を起こさない自信があったとしても、対物賠償保険も無制限の設定をおすすめします。事故によっては、高額な賠償請求をされた場合「無制限」でないと対応できない可能性の方が高いからです。

自動車の利用頻度、家族の有る無しを考慮して設定金額を6,000万円に下げることもありでしょう。しかし、それでも大して保険料に差はでないので、やはり「無制限」設定が無難と言えるでしょう。

人身傷害・搭乗者傷害保険

人身傷害保険は、「自分や同乗者が死傷した」場合に補償される保険です。車内+車外保証型を選べば、歩行中や自転車での自動車事故も補償の対象になります。人身傷害保険は、手厚い補償なので掛け金の設定によっては保険料が高くなるのが特徴です。それ故金額設定が難しく、頭を悩ますポイントでもあるのです。

被保険者が世帯主である場合、その方が無くなった時に経済的費用がいくら必要になるかを考えることが大切です。人の生命を金額に変えることはできませんが、30代~40代の世帯主が無くなった場合必要な補償額は、4,000万~8,000万円とされています。
(引用:生命保険文化センター、年齢・収入による生命価値は?http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/6.html)
これらの数値を参考に、掛け金を設定してみてはいかがでしょうか。

搭乗者傷害保険は、「同乗者の死傷に人身傷害保険の上乗せ」として補償される保険です。最近では、「搭乗者傷害保険は付けず、人身傷害保険のみ」という方が多いようです。登場傷害保険を付ける場合、人身傷害保険をフォローするような形の掛け金設定1,000万円で良いかと思います。

車両保険

車両保険も掛け金は選択制で、車種、形式、年式などによって範囲が決まっています。
車両保険の金額に含まれるものをまとめてみました。

  • 車両本体
  • 税金
  • 車内定着品(カーナビやエアコンなど)
  • オプション品(サンルーフやアルミホイールなど)

車両保険の掛け金は、車種、形式、年式によって異なるので一概にこれといった金額が言えませんが、事故が起きたことを考えて所有する自動車の適正金額を設定しましょう。

まとめ

ご自身の希望や生活環境によって、自動車保険の掛け金は変化します。ネット上で簡単に見積もりが出せるので、補償額を把握して上手な掛け金の設定でぴったりの自動車保険を見つけましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の契約変更が必要な場合はどんな時?変更時の手続き方法を解説

自動車保険の解約方法と払戻金について!自動車を手放す時は注意が必要!