自動車保険の契約者と被保険者の違い、名義変更時に気を付けたいポイントとは?

自動車保険の約款などでよく目にする「契約者」と「被保険者」という言葉。似ているような言葉ですが、意味は違います。自動車保険の補償内容を理解するうえで、「契約者」と「被保険者」の違いを把握しておくことがとても大切です。

ここでは、自動車保険の契約者と被保険者の違い、名義変更の時に気を付けたいポイント、被保険者の設定に関して詳しく解説します。

契約者と被保険者の違い

契約者とは、保険会社と契約している人で保険料の支払い義務が生じる人を意味します。自動車保険の申し込みや必要書類の記入、捺印などは、基本的にこの契約者が行います。

また、保険料の支払いとなるクレジットカードや銀行引き落としの口座は、契約者の名義である必要があります。被保険者とは、記名被保険者とも呼ばれ自動車保険の対象となる自動車を主に運転する人を意味します。

補償の範囲内で使われる「家族」とは、すべて被保険者から見た関係です。また、本人限定割引などにあたる本人とは、契約者と被保険者が別名義の場合、被保険者が本人に該当します。契約者は補償対象外なので、間違えないように注意して下さい。

車両所有者と保険契約者が別名義の場合

車両所有者とは、自動車保険の契約対象となる自動車の所有者という意味です。基本的に自動車保険の加入は、車両所有者が本人名義のみ可能です。他人の名義での車両は、自動車保険に加入できません。

車両所有者と被保険者が違っても、保険に加入できる例として、ローンで自動車を購入している場合です。ローン購入ですと、所有者は銀行やローン会社などのローン貸し先会社が車両所有者になります。

この場合、所有権留保といって、自動車の使用者が本人であれば保険に加入することができます。

また、親が子供に自動車を買い与えた場合も、自動車保険に加入できます。ただし、親子が同居していることが条件です。一般的に、「保険契約者=被保険者」となることが多いですが、必ずしも同一名義である必要はないのです。

名義変更?!気を付けたいポイント。ノンフリート等級の引継ぎは可能?

保険契約者や被保険者の名義を変更する場合、ノンフリート等級の引継ぎは可能かどうか気になるところですね。3つの名義変更を調べてみました。

保険契約者の場合

親族間で契約者の名義変更をした場合、ノンフリート等級の引継ぎは可能です。しかし、他人の名義に変更すると新規契約とみなされ、ノンフリート等級の引継ぎはできません。

被保険者の場合

被保険者を変更した場合、変更後の名義人が変更前の名義人の配偶者または同居の親族に限りノンフリート等級の引き継ぎが可能になります。

同居の親族というポイントが重要です。親子でも別居している子供への名義変更ですと、ノンフリート等級の引継ぎは認められれないので気を付けましょう。

車両所有者の変更も忘れずに

車両所有者が変更になる場合も、自動車保険の登録に必要なので忘れずに保険会社に届け出ましょう。この時も、同居の親族であれば、ノンフリート等級を引き継ぐことができます。被保険者と同様に、他人や法人名義の変更はノンフリート等級の引継ぎは認められません。

基本的に、3つとも他人名義の変更はノンフリート等級の引継ぎは認められないようですね。名義変更の際は、注意しましょう。

被保険者の設定で保険料を安くするためには

複数の家族で自動車を共有しているのであれば、被保険者の設定によっては自動車保険料を割安にすることができます。

例を見てみましょう。

  • 車両所有者が世帯主
  • 主に運転するのは車両所有者の配偶者である奥さん、もしくは子供

上記のようなご家庭は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。世帯主はゴールド免許、奥さん、子供はグリーン・ブルー免許という場合、被保険者を世帯主に設定した方が、ゴールド免許割引を利用できるので保険料が割安になります。

この様に、家族が複数名いると設定する人によって保険料が変化します。よって設定する人で、保険料を安くすることができるのです。被保険者を上手に選んで、最も安い保険料になるように検討しましょう。

友人や親戚、または親から自動車を譲ってもらう場合、車検証に記載されている名義と契約中の自動車保険の名義を変更する必要が出てきます。誰に自動車を譲...

まとめ

自動車保険の契約者と被保険者に関しての内容はいかがでしたか?

契約者と被保険者の違いは少々ややこしいですが、保険の契約時や補償内容をスムーズに把握するためには、しっかりと押さえてきたい項目です。被保険者の設定をよく検討して、少しでも安い自動車保険を契約しましょう。

自動車保険の見積もりは、他社との自動車保険料やサービス内容の比較、更新、そして自動車保険を節約をする際にとても重要ですよね。近年では、インターネ...
一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自動車保険の損害請求】知っておきたい交通事故時の損害賠償の種類

自動車保険のロードサービスの内容とは?JAFとの違い、選び方のポイントを解説

飲酒運転は人生を狂わす?飲酒運転の罰則、違反点数と罰金の相場とは?

自動車保険の補償額の相場はどれくらい?保険料の安易な節約はかえって危険!

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査