マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違い、加入する際の注意点を調査

自動車保険と言うと、民間の損害保険会社が扱っているイメージが強いと思いますが、共済という種類のものもあります。

共済よりも、民間の自動車保険に加入している方の割合が圧倒的に高いです。また、共済の存在を知りつつも、「何となく民間の自動車保険に加入してしまう」という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違いと加入する際の注意点を調べてみました。

マイカー共済と自動車共済の内容

マイカー共済や自動車共済の補償内容は、民間の自動車保険と何ら変わりはありません。全労済が提供する自動車保険を「マイカー共済」、JA共済が提供する自動車保険を「JA自動車共済」と呼びます。

一般的に、共済の保険料は安い為以前はその保険料(共済では掛け金と呼びます。)の安さから、補償内容が民間の自動車保険よりも劣っていると言われていました。しかし、現在ではマイカー共済は制度改訂を行ったことにより、民間の自動車保険と同じくらいの補償が受けられる様になりました。

共済と民間の自動車保険との違い

共済と民間の自動車保険の補償内容は、さほど変わりがないので似たようなものと思われる方も多いでしょう。しかし、実際はいくつか違いがあります。
その違いをご紹介します。

名称の違い

保険と言う言葉は、保険業法で認められた損害保険会社や生命保険会社だけが使うことができるのです。全労済やJA共済などが提供する自動車保険は、保険とは言わずに「共済」と呼ぶのです。

加入対象者の違い

自動車保険は誰でも加入できますが、共済の場合は特定の人や地域、団体を対象にしている相互扶助の制度です。特定と言っても、共済によっては組合費や出資金を払って組合員になることができる場合もあります。

法律の違い

民間の自動車保険は、保険業法が根拠法になっているのに対して、共済の根拠方は様々です。

*全労済、県民共済など
根拠法:消費生活協同組合法  監察官庁:厚生労働省

*JA共済
根拠法:農林共同組合法     監察官庁:農林水産省

ちなみに、保険会社の監察官庁は金融庁になります。

共済に加入する際の注意点

民間の自動車保険と比較して共済に加入を検討する際に注意したい点がいくつかあるのでご紹介します。

共済の補償額

掛け金が比較的少ない共済ですが、その為民間の自動車保険よりも補償が少なめになっているケースがあります。プランの設計や組み合わせによっても補償額に違いが生じますので、「掛け金が安い」というだけで安易に加入せず、補償内容はよく確認しましょう。

ノンフリート等級について

「長年民間の自動車保険に加入していたけれど、共済に切り替えたい。。。」この様な場合は、ノンフリート等級制度の引継ぎに注意しましょう。ノンフリート等級は、自動車保険の利用の有無によって割引率が変わる制度です。損害保険会社同士の保険の切り替えは、このノンフリート等級の引継ぎがほぼ可能です。

しかし共済によっては、切り替えの時にノンフリート等級の引継ぎができない場合があります。ノンフリート等級が高いのであれば、できる限り引き継ぎたいですよね。共済に切り替えの際は、ノンフリート等級の引継ぎが可能なのかをチェックしましょう。

また、ノンフリート等級を引継げる場合でも所定の証明書が必要な為時間がかかることがあります。余裕を持って、行動して下さいね。

セーフティネットの有無

民間の自動車保険会社が倒産した場合保険契約者保護機構が契約者を保護するのに対して、共済はこの様なセーフティネットがありません。頻繁に起こることではありませんが、共済の特徴として覚えておきたいポイントです。

マイカー共済と自動車共済の特徴

全労済のマイカー共済は、民間の自動車保険と同じように掛け金が割り引かれる特約があります。また、ノンフリート等級が22等級まであり、最大64%の割引が適用されます。JA自動車共済は、自賠責共済(保険)とセットで加入すると対人賠償の掛け金が7%割引されます。自賠責保険(共済)は必ず加入するものなのでお得な割引です。

そして、JA自動車共済は、民間の自動車保険から切り替える際のノンフリート等級の引継ぎが可能です。ただし、JA自動車保険から民間の自動車保険に切り替える時は、ノンフリート等級の引継ぎはできませんので注意が必要です。

まとめ

共済は元々掛け金が安いので、様々な割引制度を利用すればさらお得な値段で加入する事ができます。民間の自動車保険との違い理解して、共済を上手に選びましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険は自賠責保険だけでは足りない?詳しい補償内容と任意保険との違いとは?

自動車保険の相場は条件によって違う?20代~40代の保険料を見積もり調査

NO IMAGE

ドライブレコーダーの上手な選び方とは?使い方、録画の仕組みも解説

ドライバー保険のメリットとデメリット!自動車保険との違いは何?

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

【自動車保険の見積もり】ベストなタイミングを見逃さないコツとその方法を解説