【自動車保険の見積もり】ベストなタイミングを見逃さないコツとその方法を解説

自動車保険の見積もりは、他社との自動車保険料やサービス内容の比較、更新、そして自動車保険を節約をする際にとても重要ですよね。近年では、インターネットやスマートフォンなどからネット上で自動車保険の見積もりが出来るようになりました。

簡単に自動車保険の見積もりが出来るようになったからこそ、押さえておきたいポイントがあるのです。今回は、自動車保険の見積もりを取る際に知っておきたい事を解説します。

見積もりのベストタイミング

自動車保険の更新は1年に1回ですが、加入している自動車保険の満期日が近づいてくると、更新のお知らせが郵便やメールなど何らかの形でお手元に届きます。見積もりのベストタイミングが、まさにこの時なのです!

自動車保険見直しの時期ととらえて、色々な会社から見積もりを取ってみましょう。忙しい時は、何のアクションも起こさず更新してしまいがちですが早めの見直しを意識することをお勧めします。

自動車保険満期日2~3か月前の見積もり

満期日近くに見積もりを出してから検討しようとすると、「時間がなくて納得できる保険が見つけられなかった。」ということにもなりかねません。

2~3か月くらい前からですと、時間に余裕をもって見積もりを出すことができ尚且つ沢山の自動車保険の中から検討することが可能です。自動車保険は命にも関わる大切な選択です。焦らずゆっくりと選びたいですよね。

ただ、2~3か月といっても見積もり作成を先延ばしにしているとあっという間に過ぎてしまいます。早めの行動が自動車保険の見直しに大切なポイントと言えます。

早めの見積もり、契約更新で保険料割引も

自動車保険各社の規定にもよりますが、保険開始希望日の1~2か月前に契約した場合早期割引制度が用意されています。一般的には「早割」や「早期契約割引」などと言われています。

この「早割」は、ダイレクト型自動車保険に多く見られるサービスの為、代理店型の自動車保険では用意されていないケースもあります。気になる自動車保険を見つけたら、「早割」サービスの用意があるのかどうかをチェックしてください。

割引額は、各社大体500円~1,000円前後ですが、どちらにしても契約するのであれば早めに申し込みを済ませて、割引制度を利用した方が自動車保険を節約できますよね。

見積もりの方法

見積もりは、代理店、電話、通販、インターネットを通じて行ういくつかの方法があります。自動車保険を安くしたいとお考えの方には、インターネットで取引を行うダイレクト型のタイプをお勧めします。

このタイプの自動車保険は、見積もりから契約までを一貫してインターネット上で行うと色々な割引制度を用意してくれる会社がほとんどです。

しかし、個々それぞれの好みなどがありますのでこの中でどれが1番なのか断定は出来ませんが、ご自身の好みやライフスタイルに合わせた方法を選ぶことが大切です。

個別見積もりと一括見積

ダイレクト型自動車保険の見積もり方法は、「個別見積もり」と「一括見積もり」の2種類があります。「個別見積もり」は、自動車保険会社のWebサイト上で行います。個人情報を詳しく入力しなくても、自動車保険の大まかな予算を知ることができるので気軽に利用することが可能です。

もう一つの「一括見積」は、一回の入力で複数の自動車保険会社の見積もりを入手する方法です。忙しい時に見積もりを行いたい時は、大変便利です。ただ2つ共便利な見積もり方法ですが、「メリット・デメリット」があります。

個別見積もりと一括見積のメリット・デメリットとは?

2つの見積もり方法のメリット・デメリットを見てみましょう。

個別見積もりのメリット・デメリット
「個別見積もり」のメリット
  • 個人情報を入力しなくても良いので気軽に利用できる。
  • Web上で簡単に行える。
  • 時間をかけずに契約することができる。
「個別見積もり」のデメリット
  • 個人情報を詳しく入力しないと、正確な自動車保険料が見積もりに反映されない場合がある。
一括見積もりのメリット・デメリット
「一括見積もり」のメリット
  • 入力操作が一回で済む。
  • 複数の自動車保険料を比較することができる。
「一括見積もり」のデメリット
  • 個人情報を詳しく入力する必要がある。
  • 見積もりが仕上がるまで時間がかかる場合がある。

忙しい時に「一括見積もり」を利用する場合、注意が必要です。「見積もりの出来上がりに時間がかかってしまい見直しに間に合わなかった。。。」ということの無いように余裕をもって行動しましょう。

どちらも便利な方法ですが、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで上手に利用したいですね。

まとめ

今回は、自動車保険の見積もりに関して解説してきましたがいかがでしたか?自動車保険料を安くするためには、更新時の見積もりを早めに意識して行うことが何よりも大切です。

早期の見積もりで、ご自身に合った現在よりも安い自動車保険を見つけましょう!

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

自動車保険は等級によって保険料が異なる?等級別割引率を徹底調査!

自動車保険は自賠責保険だけでは足りない?詳しい補償内容と任意保険との違いとは?

NO IMAGE

自動車保険に短期間加入する方法を調査

NO IMAGE

自動車保険の車両入れ替えや手続きのタイミングとその流れ、等級の引継ぎを解説

【自動車保険の損害請求】知っておきたい交通事故時の損害賠償の種類