郵便局で加入できる自動車保険とは?他の自動車保険との違いとメリットデメリットを調査

自動車保険の任意保険は、一般的な保険会社や共済の他にも郵便局で加入する事も可能です。郵便局というと、かんぽ生命、養老保険、学資保険などが有名で自動車保険となるとあまりピンとこないかもしれません。頻繁に郵便局を利用する方は、自動車保険も加入しやすいのではないでしょうか。

今回は、郵便局で加入できる自動車保険とは、また他の自動車保険との違い、メリット・デメリットを調査しました。

郵便局の自動車保険

ご存知の通り郵便局は、2007年10月に郵政民営化によって「日本郵政グループ」として国営から民間会社へと変わりました。現在では「日本郵便株式会社」の商号になっています。

郵便局で任意の自動車保険が加入できるようになったのは、ちょうど民営化された時からです。現在の郵便局は、以下の5つの事業会社から構成されています。

  • 日本郵政株式会社
  • 郵便事業株式会社
  • 株式会社ゆうちょ銀行
  • 株式会社かんぽ生命
  • 郵便局株式会社

郵便局の主な3つサービス「郵便」「貯金」「保険」は、それぞれの事業会社から委託されて民営化後も変わらず私達に提供されています。郵便局の自動車保険は、当初限られた地域(首都圏、関東地域の一部)での販売でしたが、現在では全国的に展開しています。全国1495局で取り扱いを行っています。
(2013年10月現在)

郵便局の自動車保険の内容

郵便局の自動車保険は、共済の様な独自の自動車保険という訳ではなく、損害保険会社と郵便局が代理店契約を結び、損害保険会社が販売する自動車保険を郵便局が販売する形となっています。要は委託販売です。

郵便局の自動車保険は、以下の5つの損害保険会社から委託されています。

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興和株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 富士火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社

民営化当初は、郵便局にとって自動車保険の取り扱いが初めてで不慣れな点が不安要素として問題になっていましたが、委託先が大手損害保険会社ばかりなので現在ではその不安感は払拭される傾向にあります。

もしもの時の対応は?

郵便局は委託先の自動車保険を販売するだけなので、万が一の交通事故や自動車の故障、その他の相談に関しては、東京海上日動火災保険株式会社が相談を請け負います。なお相談先は、東京海上日動火災保険株式会社以外の保険会社に加入している場合も同一なのでその点は気を付けましょう。

他の自動車保険との違い

郵便局の自動車保険は、一般の保険会社と比べると違いはほとんどなく、保険料や補償内容なども同じですので、特に心配はありません。
これといった違いを挙げるとすれば、「郵便局は、委託先の損害保険会社の自動車保険を販売している。」といった事ぐらいでしょうか。

加入方法

自動車保険を取り扱う郵便局のセールスパーソンが、申し込みを担当します。
郵便局であればどこでも自動車保険を取り扱っている訳ではありませんので、郵便局の自動車保険に加入を検討の際は、お近くの郵便局で自動車保険の取り扱いの有無を確認してください。

加入に必要な書類など
  • 契約する自動車の車検証、または現在の自動車保険証券
  • 運転免許証
  • 印鑑(口座振替を希望の場合は口座届け出印)

郵便局の自動車保険、メリット・デメリット

郵便局の自動車保険の気になるメリット・デメリットについて見てみましょう。

メリット

郵便局のかんぽ生命や学資保険などを利用している方は、自動車保険も選ぶことによって全ての保険を郵便局で揃えることが可能になります。また、郵便局は身近にある為、気軽に相談がしやすい点においては利便性が高くメリットの1つとも言えるかもしれません。

デメリット

何度も申し上げる通り、郵便局の自動車保険は委託販売なので、事故や故障などの相談を直接郵便局ですることができません。東京海上日動火災保険株式が相談先に指定されており、電話での対応となっています。

対面方式での対応をお望みの方は、従来の代理店型自動車保険をお勧めします。自動車保険の取り扱い局が限定されているので、地域によっては利便性が低くなることがあります。

まとめ

郵便局の自動車に関しては、いかがでしたか?郵便局の自動車保険は、保険料や補償内容など一般のものと違いはありません。

他の自動車保険と比較するためには、各保険の見積もりを行うと共に、郵便局の自動車保険のメリット・デメリットを把握し、納得したうえで加入するようにしましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ロードサービスが頼れるSBI自動車保険を徹底調査

NO IMAGE

セコム損保の自動車保険の現場急行サービスは頼れるの?ロードサービスも充実!

NO IMAGE

アメリカンホームダイレクトに習う、ダイレクト型自動車保険についての注意点

NO IMAGE

あいおい・ニッセイ同和損保の自動車保険は1日保険、ドライバー保険など種類が豊富!

NO IMAGE

三井ダイレクトの自動車保険は迅速な対応と便利なサービスが頼れる安心サービス

NO IMAGE

自動車保険における保険会社と保険代理店の違い、保険代理店のメリット・デメリットを...