【自動車保険の損害請求】知っておきたい交通事故時の損害賠償の種類

万が一、交通事故が起きてしまったら様々な対応や手続きなどは、自動車保険会社や弁護士にお任せすることが先決ですよね。プロの方々は豊富な知識を持っているので、私たちが損害の事を知っていなくても安心しておまかせすることができるでしょう。

しかし、損害賠償の請求をする側からすれば、損害の知識がゼロよりもご自身に多少の知識を持っていた方が良いことは明らかです。今回は、自動車保険の損害と損害賠償の種類について調べてみました。

損害賠償の損害とは?

交通事故によって「損害」が生じた場合、損害賠償を請求することができます。被った損害に対して金銭で補うことを、損害賠償制度と呼びます。

ここで注意していただきたいのですが、損害を被ったからと言っても全てが損害賠償の対象になるわけではなく、法律的に「損害」と認めらたケースの場合に、損害賠償請求が可能なのです。

交通事故は、人の生命・身体に損害を与える人身事故と、財産に損害を与える物損事故に分けられます。さらに人身事故の場合、「財産的損害」「精神的損害」に区分されます。

交通事故の損害の位置づけ

交通事故の損害賠償は、損害が法的にどの程度の解釈がなされるかが大きなポイントになります。損害賠償における損害のとらえ方は、様々な要因によって難しいと言われていますが、いくつかの見解があります。

差額説

この説は、加害行為の有無の違いで利益状態の差を損害とみなす見解です。一般的な説であり、裁判でも大半の事例が、この差額説を損害評価の基本にしています。

差額説の損害は、いくつかの区分に分けられ、項目ごとに損害の金銭が評価されたものを積み上げて算出する方式です。

死傷損害説

この説は、死傷そのものが「非財産的損害である」という見解です。差額説では、死傷者の余命や被害者の所得などによって生命にさえ差を設けることへの批判から、この死傷損害説が提唱されました。

労働能力喪失説

この説は、人間がもっている労働能力の損害を財産的損害ととらえる見解です。人は、生まれながらに労働を行い収入を得る能力を持っているという考えの元から提唱されたようです。

損害賠償請求できる「財産的損害」

交通事故に遭った被害者の方は、加害者側に法的な意味での損害に対する損害賠償請求をすることができます。法的な意味での「損害」は、「財産的損害」と「精神的損害」に分類され、さらに財産的損害は、「積極損害」「消極損害」に分けられます。

積極損害

交通事故によって被った財産的支出を損害とみなす、弁償的な性質を持ちます。積極損害の種類は、様々なものがあり、代表的なものを挙げると「診療・治療費」「看護費」「入院費」「通院費」「通学費」「葬儀費用」「弁護費用」などがあります。

消極損害

消極損害とは、積極損害の反対で交通事故に遭わなければ得られたはずの収入や利益を、「交通事故によって失った利益」を損害とみなすものです。この消極損害は、大きく分けて「休業損害」と「逸失利益」の2つがあります。

休業損害と逸失利益

事故に遭い怪我などを受けた時、休業を余儀なくされる場合があります。事故に遭わなければ得られた収入や利益に対しては損害として損害賠償請求が可能です。これを「休業損害」と呼びます。この「休業損害」は、最も典型的は消極損害と言われています。

休業損害を除いた、交通事故によって失い、将来得られたであろう利益の事を「逸失利益」と呼びます。

損害賠償請求できる「精神的損害」

「精神的損害」は、肉体的または精神的に苦痛を被ったことを損害とみなすものです。「精神的損害」に対する損害賠償は、「慰謝料請求」とも呼ばれています。

慰謝料請求の算定方法

精神的損害の賠償請求の算定方法は、交通事故に遭う前と遭ってからの精神状態の差を見極めるものとされています。差額説と似たような方法ですが、精神的な差の見極めは不可能に近いため、事故の種類、「後遺症障害無しの傷害事故」「後遺症障害有りの事故」「死亡事故」と区分されて、一定の基準を設けています。

慰謝料の意義

わざわざ差の見極めが困難な慰謝料を、なぜ国は認めているのでしょうか?それは、慰謝料が財産的損害に対しての補填的な役割をも担っているからです。

被害者の収入などによっては、損害賠償金に大きな差が出てくる場合があります。慰謝料は、その不合理な差を少しでも緩和する意味合いがあるのです。

まとめ

「損害」については、いかがでしたか?今回のテーマは難しかったかもしれませんが、交通事故は他人事ではありません。多少の知識でも、頭に入っているのといないのとではもしもの時に差が出ます。自動車保険をより一層理解するお役に立てれば幸いです。

いつ起こるか分からない交通事故。事故に遭遇しないことが一番ですが、自動車を運転する機会が少しでもあれば、自動車事故に遭う率も高くなります。事故に...
一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険は等級によって保険料が異なる?等級別割引率を徹底調査!

NO IMAGE

自動車保険に短期間加入する方法を調査

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

NO IMAGE

自動車保険料を左右する年間走行距離について調査しました

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査

【自動車保険の見積もり】ベストなタイミングを見逃さないコツとその方法を解説