自動車保険の車両保険はほんとに必要?保険料と免責金額はどれくらいなの?

自動車保険の中でも加入率が低いのが、車両保険です。なぜ加入率が低いのかというと、保険料の高さやその必要性が理由の1つ言われています。それゆえに、自動車保険料を節約しようと考えた場合、真っ先に削減対象に挙げられるのが保険料の高い車両保険なのではないでしょうか?

実際に、保険料や必要性の観点から車両保険に加入していない方は多いですよね。ただ、保険料が高くても車両保険に加入した方が良いケースもあるのです。今回は、車両保険について色々と調べてみました。

車両保険とは

車両保険とは、簡単に言うと自分の車を保障する保険のことです。自動車保険の目的は、他人や破損物に対しての補償が主なので「自分の車の保障は必要ない」と考える方には車両保険の必要性は低いと言えます。

また車両保険の特徴として、補償額よりも高い保険料が設定されているケースが大半なため、車両保険の加入率はあまり高くないのです。

車両保険の必要性

「車両保険が必要、もしくは必要でないか」。。。このテーマは、個々それぞれの価値観や愛車の状態などによって変わってくると思います。

例えば、10万円位の中古で購入した車に車両保険を掛けたとしても、修理不能の状態に陥った場合、車両自体を買い替えた方が全体の費用を安く抑えられるかもしれません。

しかし、高額な新車を購入した場合、修理やもしもの時は車両保険に加入していないと修理代などの費用の負担がかなりの負担になってしまうのではないでしょうか?

このようなケースは、車両保険に加入していた方が良いと言えるでしょう。どちらにしても、車両保険は自分の車だけに対しての保障という事を頭に入れて加入の検討をしてみて下さいね。

車両保険の保険料

車両保険の保険料は、他の任意保険と異なり自分で金額を設定することができません。その代わり、保険内容や補償の範囲が選べるようになっています。では、どのようにして保険料が決められるのかというと車の種類や年式によって保険会社が設定するのです。

新車で購入した場合でも、時間経過によって車の価値は下がっていきます。車の価値によって、支払われる補償額や保険料も変化していくのです。

車種によって異なる保険料

車両保険料は、車の時価によって決まるとお話ししましたが、車の種類によってもその保険料に違いが出てきます。例を上げると、軽自動車と高級車では修理や部品代が高級車の方が高いので車両保険は高いです。

正確には、車種を細かく9つに分ける車両料率クラスを元に、保険会社が保険料を決めます。簡単に言うと、修理代が高い高級車などは車両保険が高めに、そうでない軽自動車やファミリーカーなどは保険料が低めに設定されているのです。

そして、この車両料率クラスは、1年ごとに見直しがされます。車種によっては4倍もの差が出てくるので、車両保険の加入を検討する際はご自身の車がどのランクに該当するのかをきちんと確認することをお勧めします。

3月から4月上旬にかけて、進学・就職・引っ越しで生活環境か変わるご家庭が多いと思います。ライフスタイルの変化によって、自動車の買い替えや購入を検...

車両保険の種類

車両保険には主に4つの種類があります。保険会社によってはタイプが異なる場合もありますが、一般的なものを挙げて車両保険の種類を詳しく見ていきましょう。

一般車両保険

このタイプは、車や物との衝突、接触、物の落下、飛来、盗難、いたずら、火災などの損害を補償してくれるオールマイティーな保険です。幅広い補償内容ではありますが、その分保険料が車両保険の中でダントツの高さです。

エコノミー

このタイプは、車同士のみの補償に限定された保険です。保険料は一般車両保険より安価なので、その名の通り節約志向な保険です。

車両危険限定担保特約

限定Aとも略されるこの保険は、交通事故以外の損害を補償してくれます。例えば、盗難やいたずら、物の飛来や落下、火災などが補償内容の範囲です。補償内容が限定されているので、保険料は安めの設定です。

エコノミー+限定A

このタイプは、エコノミーと限定Aを合わせた保険で、自損事故や当て逃げによる損害以外の保障を受けられます。二つの保険が合わさっているので、やや高めに設定されています。

車両保険の免責

車両保険の免責とは、契約者が自己負担する金額の事を指します。正式には免責金額と言いますが、免責と略すことが多いです。免責金額によっては、車両保険料が変わってくるのです。

免責金額の設定

免責金額の設定は、「1回目○○万円 2回目以降○○万円」が一般的です。1回目、2回目とは契約期間1年間の回数を指します。

保険料を安くおさえるためには?

免責金額を高く設定すると、もしもの時の自己負担が増えるので保険料は安くなる仕組みです。自己負担を減らしたい方には、設定金額を低めに設定しましょう。また、免責ゼロの選択も可能ですが、その分保険料がぐんと上がってしまいます。ただ、自動車ローンの返済が大きい場合は免責の負担を少しでも軽減するために、免責ゼロの選択も有りだと思います。

まとめ

「あまり必要ないかも。。。」と思われがちな車両保険ですが、詳しく見ていくと奥が深い事がお分かりいただけたと思います。車両保険の必要性は、個人差があると思いますが保険料やご自身の車に対する思いなどを含めて判断するのが適切だと思います。

自動車保険は実に様々なタイプがありますが、その種類の多さから保険選びに頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?自動車保険を取り扱...
一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自動車保険料は車種によって変わる?車種と車両料率クラスを調査しました

自動車保険の夫婦限定割引はお得?家族限定割引と割引率を比較した時の保険料とは?

NO IMAGE

自動車保険料、分割払いと一括払いのどちらがお得?メリット・デメリット、支払い方法...

NO IMAGE

自動車保険料を左右する年間走行距離について調査しました

NO IMAGE

自動車保険の見直しの際に気を付けたい3つの比較ポイント!

自動車保険が安くなる年齢制限割引とは?保険料を節約する為の上手な契約条件の選び方...