自動車保険の車両入れ替えや手続きのタイミングとその流れ、等級の引継ぎを解説

自動車保険に加入中、新しい車を購入、もしくは他人から譲り受けるなど、現在の車両を変える方も多いでしょう。加入中の自動車保険を継続したいのであれば「車両入れ替え」の手続きが必要になります。車両の入れ替え手続きを怠ると、万が一事故が起きた時に補償が受けられないこともありますので、注意が必要です。

今回は、自動車保険の車両入れ替えの際必要な手続きのタイミング、等級の引き継ぎ、必要な書類を解説します。

車両入れ替え、自動車保険手続きのタイミング

自動車保険の加入は、1年間です。その期間中に、新車購入や、車を譲り受けるなど車両の入れ替えを行う方もいらっしゃるでしょう。自動車保険は、契約車両に対しての保険なので勿論車両が入れ替われば、手続きが必要になってきます。これを「車両入れ替え」手続きと言います。

車両入替手続きは、現在加入中の自動車保険に引き続き入りたいのであれば、保険会社に手続きをします。車両入れ替えと同時に、保険会社を変更する必要はありません。手続のタイミングは、新車であれば「納車日」、譲り受ける場合は「譲り受ける日」になります。車両の入れ替わりが分かった時点で、早めに手続きを済ませてしまいましょう。

なお、車両の入れ替えが済んでいない場合は、事故の際に補償が受けられない為、契約対象以外の車両を運転しないよう注意してください。

一定の条件で車両入れ替えの手続きが可能

自家用車の車両入れ替えであれば、ほぼ問題ないと思われますが、条件を満たさない場合は、新たな保険に加入する必要があります。以下に条件をまとめましたので、参考にして下さい。
*入れ替え車両の所有者が以下の場合

  • 入れ替え前の車両と同じ所有者
  • 契約中の自動車保険の記名被保険者
  • 契約中の自動車保険の記名被保険者の配偶者
  • 契約中の自動車保険の記名被保険者または配偶者の同居親族

*入れ替え車両の種類が以下に該当していること

  • 自家用普通自動車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用貨物車(最大積載量0.5t以下)
  • 自家用貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)
  • 特種用途自動車(キャンピングカーなど)

一般的な手続きの流れ

車両入れ替えの一般的な流れは、以下になります。

  1. 車検証もしくは、車検証のコピーを用意
  2. 納車日の決定
  3. 保険会社に車両入れ替えの手続きを連絡
  4. 必要書類の提出
  5. 保険料の差額分が生じた場合は、支払いを清算して手続終了

保険会社への連絡方法ですが、電話は勿論のこと、最近ではネットで手続きが行えるケースが増えてきたので、そちらを利用しても良いでしょう。保険会社により多少異なる場合がありますので、詳しくはご加入中の保険会社に問い合わせてみて下さい。

車両入れ替え時の等級について

車両の入れ替えの際に気になるポイントが、等級の引継ぎです。基本的に車両入れ替えが可能であれば、現在の等級を引き継ぐ事ができます。車両入れ替えができない場合は、新たな自動車保険への加入が必要になり等級は引き継ぐ事はできません。

等級の引継ぎが気になるのであれば、入れ替える車両に気を付ける必要があります。車両入れ替えの条件を参考にして下さい。

また、等級が引き継がれても保険料は引き継がれず変化することもあります。車種によって保険料が増減する為です。例えば保険料が上がった場合はその差額分を清算して、減額の場合は返還されることで、車両の入れ替えが完了となります。

入れ替えにおける自動保障特約

自動車保険によっては、被保険自動車の入れ替えにおける自動保障特約(自動担保特約)」が付帯している場合があります。この特約は、車両の入れ替えを行わなくても、元の車両の補償が同じ内容で受けられるというものです。

車両保険に付帯していることも多く有り難い特約ですが、新しい車両を取得してから30日間という短い期間のタイプです。入れ替えにおける自動保障特約だけに頼らず、速やかに車両入れ替えの手続きを済ませておくことがベストだと言えます。

まとめ

車両入れ替えの手続きに関しては、いかがでしたか?自動車保険の車両入れ替え手続きに難しい事はありません。ただし、車両入れ替えの日程が確定したら早めに手続きを済ませてしまいましょう。

そして、入れ替え手続きが完了するまでは、事故の際に補償を一切受けられなくなりますので契約対象以外の車両を運転しないように気を付けて下さい。新しい車に変わっても、まさかの事故に備えて気持ち良いドライブを楽しみましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の契約者と被保険者の違い、名義変更時に気を付けたいポイントとは?

NO IMAGE

自動車保険に短期間加入する方法を調査

NO IMAGE

マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違い、加入する際の注意点を調査

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

【自動車保険の種類】自賠責保険と任意保険それぞれの特徴とは?

自動車保険は自賠責保険だけでは足りない?詳しい補償内容と任意保険との違いとは?