自動車保険に短期間加入する方法を調査

自動車保険の加入は基本的に1年単位です。なかには友人や知人から自動車を借りた場合で1ヶ月など月単位で短期間の自動車保険をご希望の方もいるかもしれませんが、一般の自動車保険では月単位の契約ができるものは残念ながらありません。

それでは、1年単位の自動車保険に加入しなければならないのかというとそうではなく、最低1日だけでも加入できる自動車保険があります。
今回は、短期間でも加入できる自動車保険について解説していきます。

短期間の加入ができる自動車保険

自分が所有する自動車の保険を短期間に。。。というケースは珍しいですが、他者から自動車を借りる時にわざわざ1年単位の自動車保険を契約する方も滅多にいないでしょう。この様な場合に、短期間の自動車保険が便利です。短期間加入できる自動車保険を一般的に、ドライバー保険と言います。
また、短期間加入が可能な自動車保険は、運転免許を持っていて他人の自動車を運転する機会が多い方や、自分の自動車を所有していない方は必須の保険です。

ドライバー保険とは

ドライバー保険は、他者の自動車を運転して交通事故を起こした場合の補償が受けられる保険です。
補償対象となる車両は以下になります。

*自家用普通自動車
*自家用小型乗用車
*自家用軽四輪乗用車
*自家用小型貨物車
*自家用小型軽四輪貨物車
*自家用普通貨物車(最大積載量0.5ト、、ン以下)
*自家用普通貨物車(0.5トン以上2トン以下)
*特種用途自動車(キャンピングカー)
*二輪自動車、原動機付自転車

ドライバー保険の条件はあくまでも「他人の自動車」という点だという事を頭に入れておきましょう。
また、レンタカーも対象になります。
以下のケースでは借りた自動車でもドライバー保険の補償対象外になるので注意して下さい。

「自分が役員の会社の社用車」
「家族が所有する自動車(別居の場合は可)」

なお、使用用途が業務用目的であれば、たとえ借りた自動車でも補償対象外になります。

基本補償と内容

保険会社によって細かな補償の違いはありますが基本的には、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」の3つとなります。
車両保険は、ほとんどの保険会社で付帯することはできません。
一般の自動車保険では、年齢区分わけが細かいですがドライバー保険では21歳未満と21歳以上の2択になります。
ノンフリート等級に関しては、通常の自動車保険と同じように「20級~1級」が用意されています。
交通事故を起こさなければ、次の年には等級が上がる仕組みは変わりありません。

ただし、ドライバー保険から通常の自動車保険へのノンフリート等級の引継ぎはできません。その逆も同様です。
保険会社によっては可能な場合があるので、詳細は加入先の保険会社に問い合わせをしてみて下さい。

ドライバー保険の種類

ドライバー保険は、1年単位のものから1日単位で加入できるものまであります。
「東京海上日動」は2種類のドライバー保険を扱っていますが、この保険をそれぞれ比べてみました。

*1年単位のドライバー保険

・対人・対物補償
・搭乗者傷害保険(死亡・後遺症障害・入院一時金)
・自損事故保険
・レンタカー補償

*ちょいのり保険(1日単位から加入OK)

・対人・対物補償
・搭乗者傷害保険(死亡・後遺症障害・入院一時金)
・自損事故保険
・車両保険(免責15万円)

ドライバー保険には車両保険が付いていませんが、1日単位で加入できるちょいのり保険には車搭乗中の事故に関してのみ車両保険が受けられるのが特徴です。
また、1年単位のドライバー保険は保険会社によって契約期間が1年未満もしくは1年超も可能であったりと異なる場合があります。
対人・対物補償と搭乗者傷害保険以外の補償は、保険会社によって細かな違いがあります。

ドライバー保険を扱う保険会社

ドライバー保険を扱う保険会社は決まっていて、「東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損保、共栄火災」になります。
どこの保険会社でも扱っているわけではないので、気を付けて下さい。

保険料について

ドライバー保険の保険料は、web上で見積もりを出すことができない会社がほとんどですので実際に問い合わせをしてみることをおすすめします。
なおちょいのり保険の保険料は、以下になります。

・車両保険なし                24時間  500円
・車両保険あり(スタンダードタイプ)   24時間  1,000円
・車両保険あり(プレミアムタイプ)    24時間  1,800円

まとめ

自動車保険を短期間加入したい方向けのドライバー保険で、状況に応じた選び方で安全なカーライフを過ごしましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

NO IMAGE

マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違い、加入する際の注意点を調査

自動車保険の相場は条件によって違う?20代~40代の保険料を見積もり調査

自動車保険の補償額の相場はどれくらい?保険料の安易な節約はかえって危険!

NO IMAGE

自動車保険料を左右する年間走行距離について調査しました

自動車保険の契約者と被保険者の違い、名義変更時に気を付けたいポイントとは?