自動車保険は等級によって保険料が異なる?等級別割引率を徹底調査!

自動車保険の等級、割引率、等級の決まり方、事故後の等級に関して調べてみました。

自動車保険には等級があることをご存知ですか?自動車保険ユーザーならば、一度は耳にしたことがあると思われるこの等級、実はこの等級によって保険料が異なります。等級をあまり気にしていなかった方で自動車保険料を安くしたいとお考えの方は、ぜひ等級に注目して下さい。

とは言うものの「そもそも等級って何?」「等級についてよく分からない」と感じる方も多くいらっしゃることと思います。今回は自動車保険の等級や関して詳しくご紹介します。

自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは、保険料の割引率を区分するためのものを指します。またこの等級は「ノンフリート契約」の場合に適応される制度です。

「ノンフリート契約」とは、契約者が所有もしくは使用する自動車の総台数が9台以下になり、10台以上の契約になると「フリート契約」の該当になります。個人の場合は、大半が「ノンフリート契約」に加入します。

自動車保険の等級の種類

自動車保険の等級は、1等級~20等級の区分があります。一部の保険では22等級までの設定があるようですが、一般的に20等級が最高等級になります。1等級が一番低く、20等級が高い等級になります。

初めて自動車保険を契約すると6等級が適応されますので、基本的に自動車保険料は6等級を基準に考えます。

自動車保険の等級の決まり方

自動車保険を始めて契約した場合、6等級からスタートします。その後事故などのアクシデントが無く自動車保険を使用しなかった場合、翌年の自動車保険更新時には等級が1等級上がり、尚且つ保険料が値下がります。

反対に、自動車事故などで保険を利用したら、翌年の保険料は値上がりと共に等級が下がることになります。ここで気を付けていただきたいのが、等級の上下です。等級が上がる時は1つづつですが、等級が下がる時は3等級ダウンになります。

また同じ等級でも、保険料が同一とは限りません。前回の契約で自動車保険を使った場合は事故系有数が適応されるので自動車保険を使わなかった方と比べると、保険料が高くなります。

自動車保険の等級の割引率

等級の割引率を見てみましょう。ここでは無事故の割引について取り上げてみます。保険会社によって割引率は異なりますが、大半が以下の範囲になります。

1等級 50%以上割り増し
2等級 30%割り増し
3等級 10%割り増し
4等級 2%割引
5等級 10%割引
6等級 20%割引
7等級 30%割引
8等級 40%割引
9等級 42%割引
10等級 45%割引
11等級 46%割引
12等級 47%割引
13等級 49%割引
14等級 50%割引
15等級 51%割引
16等級 52%割引
17等級 53%割引
18等級 55%割引
19等級 56%割引
20等級 60%割引

この割引率を見ると、等級が上がるにつれて保険料が割り引かれているのがお分かりいただけるかと思います。20等級まで上がるとその割引率50%以上なので、長い目で見ると等級の違いによっては「自動車保険は高いもの」という意識が覆されるのではないでしょうか?

事故後の等級は3つに分類される

等級の決まり方の項目で事故後の等級は「3等級下がる」と説明しましたが、自動車保険では交通事故を「ノーカウント事故」「1等級ダウン事故」「3等級ダウン事故」3つに分類しています。3つの事故の種類を詳しく見てみましょう。

ノーカウント事故

自分や家族などの事故(人身傷害保険、搭乗者保険など)
※件数に関わらず翌年の等級に影響は無し

1等級ダウン事故

車両保険範囲内の車の破損(盗難や落書きなど)
※1事故につき1等級下がる

3級ダウン事故

他人を死傷、他人の車両や物の破損、自分の車両を壊したなど
※1事故につき3等級下がる

一般的に、交通事故で保険を使用する場合「3級ダウン事故」の適応であるケースが多い様です。「1級ダウン事故」は、簡単に言うと被害者がいない自分の車が損害したケースを指します。事故を起こした時に、「保険は使わなければ!」と思われる方は多いのではないでしょうか?

例えば1級ダウン事故に遭った時は、「1等級下がるだけだから。。。」と安易に保険料を使うと次年度の保険料が大幅に上がる可能性があるからです。車両保険で免責金額を設定している方は、保険を使用するかどうかをよく考えてから決める事をおすすめします。

自動車保険の等級の引継ぎ

自動車保険の会社を変更する場合、等級の引継ぎが可能なのか気になるポイントですよね。等級は他社への引継ぎが可能です。そのうえ、家族間での等級継承もできるので、自動車保険の変更を気兼ねなくできます。ただし、家族間の等級継承は条件があります。

その条件とは同居の家族に限定されます。家族でも、別居では等級を引き継ぐ事ができないのです。等級継承の際は、その点を十分注意して下さいね。

友人や親戚、または親から自動車を譲ってもらう場合、車検証に記載されている名義と契約中の自動車保険の名義を変更する必要が出てきます。誰に自動車を譲...

自動車保険の等級のまとめ

自動車保険の等級に関する内容はいかがでしたか?等級は自動車保険を安くするために大切なポイントであることがお分かりいただけたのではないでしょうか?安全運転を心がけ、等級アップを目指しましょう!

合わせて読みたい
一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査

NO IMAGE

マイカー共済と自動車共済の内容、民間自動車保険との違い、加入する際の注意点を調査

自動車保険の相場は条件によって違う?20代~40代の保険料を見積もり調査

NO IMAGE

ドライブレコーダーの上手な選び方とは?使い方、録画の仕組みも解説

【自動車保険の損害請求】知っておきたい交通事故時の損害賠償の種類