飲酒、麻薬、危険ドラッグ使用による交通事故の任意保険について調査

飲酒、麻薬、危険ドラッグを使用しての交通事故のニュースを、度々耳にすることがあります。最近では、飲酒よりも麻薬や危険ドラッグを使用して交通事故を起こすケースが増加しています。危険だと分かっているはずなのにハンドルを握って交通事故を起こしてしまう行為は、理解に苦しむものがあります。

麻薬や危険ドラッグの使用は法律で禁止されています。飲酒運転も勿論ですが、禁止されているにも関わらず自らをコントロールできずに事故まで起こしてしまう人達が少なからずいるというのは事実です。加害者は自業自得として、一番つらい立場に立たされるのは事故に巻き込まれた被害者です。

今回は、飲酒、麻薬、危険ドラッグについて、またそれらを使用して交通事故が起きた時の任意保険の扱い方について解説します。

飲酒運転

お酒を飲んで自動車を運転することを飲酒運転と言います。飲酒運転は、法律で禁止されています。

道路交通法第65条 第1項 「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」
道路交通法第65条 第2項 「何人も酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対して、車両等を提供してはならない。」
道路交通法第65条 第3項 「何人も第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対して、酒類を提供し、または飲酒をすすめてはならない。」
道路交通法第65条 第4項 「何人も車両の運転者が酒気を帯びている事を知りながら車両の運送、依頼、車両の同乗をしてはならない。」

引用:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/torishimari/inshu_info/inshu_bassoku.html

上記の法律を見てもお分かりの通り、飲酒をすすめたり、飲酒運転の車両に同乗することも罪になります。お酒を飲む機会がある時は、運転者だけでなく周囲の人も気を配ることが大切です。

厳しい罰則がある飲酒運転

飲酒運転やその周囲の人に厳しい罰則が設けられています。

・運転者の罰則

*酒酔い運転     5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
*酒気帯び運転    3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

・違反点数

*酒酔い運転            35点
*酒気帯美運転          25点
(呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上)

*酒気帯美運転           13点
(呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム未満)

場合によっては、飲酒運転によって1回で免許停止・取り消しの行政処分を受けることになります。

・運転者以外の罰則
車両提供者
*運転者が酒酔い運転     5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
*運転者が酒気帯び運転    3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

・酒類の提供、車両の同乗者
*運転者が酒酔い運転     3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転     2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

車両提供者は飲酒運転者と同様の罰則になっていますので、「運転しないから平気」と思わずに運転者の周りの人達も十分気を付けましょう。

危険ドラッグとは

危険ドラッグとは、幻覚作用のある香草のことです。以前までは合法ハーブ、脱法ハーブとも呼ばれており、麻薬と同様に違法物で、現在は正式名称が危険ドラッグに統一されました。

危険ドラッグを使用すると、急性中毒症状や依存症候群などの精神状態が表れ、交通事故で他者への危害事例が報告されています。

任意保険の補償

飲酒、麻薬、危険ドラッグの使用によっての事故に巻き込まれた場合、被害者は任意保険の補償が受けられます。
補償対象は以下になります。

保険の種類          補償の有無

・対人賠償               ○
・対物賠償               ○
・車両保険               ×
・搭乗者傷害              ×
・人身傷害補償            ×
・自損事故               ×
・無保険車障害            ×

対人、対物に関してのみの補償となり、賠償金額は、過失利益や慰謝料によって変わります。
危険ドラッグの補償金に関しては、支払いに時間がかかる傾向にあります。何故ならば、保険会社の支払い基準が明確化されていないので対応が難しい事が挙げられます。

加害者が任意保険に未加入の場合

加害者が任意保険に入っていない場合は、自賠責保険から以下の補償を受けることができます。

・傷害    120万円まで
・死亡    3,000万円まで
・後遺障害 4,000万円まで

自賠責保険の補償だけでは決して十分とは言えません。自賠責保険で足りない分は、加害者へ請求することになります。

まとめ

もしも、飲酒や麻薬、危険ドラッグを使用しての事故に巻き込まれた場合、補償は限られますが任意保険を使用することができます。いつ何時このような事故に巻き込まれるのかは、分かりません。任意保険に加入して非常事態にしっかりと備えましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

代理店型と通販型(ダイレクト型)の自動車保険どちらがお得?外資系自動車保険との違...

NO IMAGE

納得できない過失割合は安易に受け入れないこと!対処法はあるの?

NO IMAGE

交通事故の保険支払い、保険金を決める基準と保険支払いの流れについて調査

NO IMAGE

自動車保険、任意保険の都道府県別の加入率と未加入率を調査!

NO IMAGE

保険金請求に欠かせない交通事故証明と発行手続きについて

NO IMAGE

走行距離が少ない人の自動車保険の選び方とおすすめの保険会社