交通事故の保険支払い、保険金を決める基準と保険支払いの流れについて調査

交通事故を起こした際に補償をおこなってくれる自動車保険ですが、交通事故は頻繁に遭遇する物ではありません。よって、保険料の支払いはどれくらいの間かかるものなのか、保険金はどのようにして決まるのか、など疑問点は多いと思います。

こちらでは、交通事故にまつわる保険支払い、保険金を決める基準、保険支払いの流れを解説していきます。

保険金を決める基準とは

保険会社が保険を支払う基準は3つあります。

  1. 自賠責保険
  2. 任意保険
  3. 裁判所や弁護士の助言

これら3つの基準を参考に、保険の支払い金額が決まります。
各基準をまとめてみました。

自賠責保険の基準

自賠責保険は、自動車を運転する方は誰でも加入しなければならない保険です。別名「強制保険」とも呼ばれています。自賠責保険の補償は最低限のものに限られる為、3つの中でも保険金を決める範囲が一番低いものとなります。

任意保険の基準

任意保険は、自賠責保険の足りない分を補う役割を担う保険です。保険支払い金額を左右する一番の基準が、任意保険です。なぜならば、任意保険は交通事故の補償をカバーするためのものだからです。

裁判所・弁護士の基準

裁判所や弁護士の意見を基に、交通事故処理委員会が公表しているものです。基本的に、自賠責保険や任意保険の基準よりも高額であることが多いです。

交通事故の保険支払いの流れ

始めに交通事故での保険支払いの流れについて見ていきましょう。保険会社は、起きた事故が補償支払い対象なのかを調査します。その後、事故の状況や車や物品の破損状況などを調べて必要書類、示談成立の後保険金が支払われます。

①交通事故発生の連絡

交通事故が起きたら、加入先の保険会社と近くの警察署に連絡をします。事故対応は24時間電話やインターネットで受け付けている保険会社がほとんどです。

交通事故は外出中が主なので、電話連絡の方が対応しやすいと思います。事故後すぐは慌てがちですが、焦らずゆっくりと交通事故の説明をするようにしましょう。

②契約内容の確認

相手側の過失で起きた交通事故であれば、自分が加入している保険はあまり関係がありません。自分側の過失であれば、自動車保険の補償内容などを今一度確認をしておきます。

実際は、保険会社が相手方との交渉を行ってくれるのであまり神経質に気にする必要はありませんが、念のため自分の保険を把握しておくことは大切な事です。加入している保険に弁護士特約が付いていれば、弁護士に依頼することも可能です。

③必要書類の提出

必要書類を保険会社に提出後、保険会社によって事故状況の確認が行われます。人身事故では詳しい実況見分調書が作られますが、物損事故では実況見分調書は作成されないため、保険会社が道路や自動車の走行状況を確認します。

事故状況の確認は、保険補償の決定や過失の判断材料にもなる為、時間がかかることが多いようです。

④示談交渉

事故状況の確認やもしけがを負っていた場合はけがの治療が済んだ後に、示談交渉に入ります。示談交渉では、過失の有無・割合、事故の状況、損害の有無などがポイントとなります。

もし示談交渉が成立しないと、裁判になる可能性もあります。なるべくなら裁判は避けたいところです。

⑤保険金支払い

示談交渉が合意の上無事終了した場合、必要書類の確認が済み次第、保険金の支払いが行われます。保険会社によって早い所では、必要書類の確認後3日以内で保険金が支払われるようです。

詳しい支払い日は、はがきなどで通知が届きますのでそちらで確認してみて下さい。

保険支払い期間

交通事故発生から保険金が支払われる期間は、事故の状況やけが人の有無、物品の破損などによって異なりますので一概には言えません。程度の軽い事故でも、実況見分などで事故の確認には時間がかかる為、保険の支払いに短くても1ヶ月くらいは見ておいた方が良いでしょう。

保険支払いは自動車保険だけではない

多くの方が生命保険や医療保険に加入していますよね。交通事故に合ってけがを負った場合、自動車保険だけではなく生命保険や医療保険からも保険金を受け取ることができます。

交通事故の補償をカバーできる共済や障害保険も、同じように保険の支払いが受けられます。突然の交通事故は、精神的・身体的苦痛はもちろんのこと、金銭面でも心配がつのるのは言うまでもありません。

いざ事故に合ってからよりも、平時の今が保険の支払いについて学ぶ良いタイミングです。自分が加入している保険は、自動車保険に限らず補償内容をきちんと確認しておきましょう。

まとめ

交通事故はいつ合うか分かりません。これを機会に、交通事故時の保険支払いについて、自分の保険は補償がどれくらいなのかなど把握しておくことをおすすめします。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

飲酒、麻薬、危険ドラッグ使用による交通事故の任意保険について調査

NO IMAGE

自動車保険、任意保険の都道府県別の加入率と未加入率を調査!

【自動車保険の選び方】自分にぴったりの自動車保険を選ぶ3つのポイントとは?

代理店型と通販型(ダイレクト型)の自動車保険どちらがお得?外資系自動車保険との違...

自動車保険の任意保険は絶対に入った方がいいの?全国の加入率を調査

軽自動車の自動車保険はほんとに安い?20~30代の保険料平均額を調査!