交通事故後の手続きと流れについて調査

いつ起こるか分からない交通事故。事故に遭遇しないことが一番ですが、自動車を運転する機会が少しでもあれば、自動車事故に遭う率も高くなります。事故に遭うととにかく焦ってしまい、事故後の対応に戸惑ってしまうこともあるでしょう。

万が一、交通事故が起きた時に焦らないため、事前に事故後の手続きや流れについて把握しておくことは大切な事と言えます。今回は、交通事故後の手続きとその流れについて調べてみました。

交通事故に遭ってしまったら

万が一、交通事故に遭ってしまった場合真っ先にすべきことがあります。それは警察に通報することです。自動車保険会社への連絡も必要ですが、まず始めに警察への通報を優先しましょう。

事故直後は、慌ててしまいその後の対応に頭が回らないことも多々あります。警察に通報すれば、やるべきこともおしえてくれるでしょう。たとえ軽い自動車事故のように見えても、警察に通報することは大切です。

交通事故を警察に届け出ることで、後日「事故証明」が発行されます。この証明書は、自動車保険の手続きに必要になってきます。

警察に通報後は忘れずに、加入している自動車保険会社にも詳しい事故状況の報告を連絡します。

保険会社には以下の事項を正確に伝えましょう。

  1. 事故の日付、時間場所
  2. 事故状況
  3. 被害者の住所・氏名
  4. 目撃者の情報
  5. 賠償請求を受けたらその内容

これらの報告がないと保険金が支払われない場合がありますので注意しましょう。

事故後すぐにやるべきこと

警察・保険会社への連絡を真っ先にすべきと述べましたが、それ以前に負傷者がいれば身の安全の確保や周辺の交通への配慮(発煙筒を使って周囲に事故を知らせるなど)も忘れずに行いましょう。

事故の状況によっては救急車の要請も必要になってくるので、なるべく冷静に周りの様子を把握しましょう。

事故後すぐにこれだけはやってはいけないこと

交通事故後にこれだけはやってはいけないことがあります。

それは。。。

「その場から逃げる」
「相手方とじかに交渉をする」

事故現場から逃げ去る行為は言語道断、言うまでもありませんね。交渉の方は可能性としてとても高く、特に事故の程度が軽い場合が多いようです。実際に私が事故に遭った経験時のことですが、相手方は任意保険に未加入でした。

双方の自動車に修理が必要な状態だったのですが、「任意保険に加入していないから修理代を安くする為に知り合いに修理を頼みたい」と話を持ち掛けられました。直接交渉は後々のトラブルになると思い、その交渉をお断りして後は自動車保険のスタッフにお任せしました。

任意保険未加入者だったので、直接交渉に持ち込みたかったのでしょう。この時ほど、自動車保険の有難さをしみじみと感じたことを数年たった今でも鮮明に覚えています。

たとえ相手方から条件の良い交渉を持ちかけられてもそのまま鵜呑みにせず、警察や保険会社に連絡をしましょう。

保険会社の対応

警察に通報した後は、保険会社に事故の状況を報告します。ただし、「ケガを負っていてそれどころではない」という場合、すぐに保険会社への連絡ができないこともあるでしょう。

自動車保険は、事故発生の翌日から起算して60日以内に事故報告をする決まりがありますので、事故後すぐでなくても大丈夫です。

事故の報告を受けてから保険会社は事故対応を開始しますが、この辺りの対応力は保険会社にばらつきがあることと事故の程度にもよるので何とも言えません。保険会社の対応が迅速でも、ケースによっては相手方との交渉に長引く場合もあります。

私の事故の経験では、相手方が任意保険未加入だったせいでしょうか。保険会社の対応はスピーディ―にも関わらず、相手方がなかなか条件に合意してくれなかったので、軽い接触事故にもかかわらず示談に至るまで6か月かかりました。この期間が長いと感じるかどうかも個人差によるとは思いますが。。。

示談について

交通事故の最終地点である「示談」とは、事故の状況(特に過失割合)を交渉することを指します。示談によって賠償金額が決まり、事故は決着となります。

示談は、一般的に保険会社が代行を務めてくれるので、両者の保険会社が交渉することになります。ご自身の意見や希望があれば保険の担当者に伝えましょう。

ただ、相手方に過失が100%あるケースでは、示談交渉の場を設けられることはありません。なぜならば、示談は契約者の損害賠償金額を決めるための交渉の場です。契約者に賠償金が発生しない事故では、交渉の意味がない為です。

まとめ

「交通事故後の手続きとその流れについて」はいかがでしたか?

交通事故に遭ったらすべきこととは

  1. 身の確保・安全確認
  2. 警察へ通報
  3. 保険会社へ報告

というような流れです。平時の今でこそ、この流れを確認しておきましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

無保険車の重い罪、またその罰則と事故対応について調査

NO IMAGE

保険金請求に欠かせない交通事故証明と発行手続きについて

NO IMAGE

納得できない過失割合は安易に受け入れないこと!対処法はあるの?

NO IMAGE

飲酒、麻薬、危険ドラッグ使用による交通事故の任意保険について調査