納得できない過失割合は安易に受け入れないこと!対処法はあるの?

交通事故が起きた場合、最も気を付けたいポイントが、過失割合です。お互いに動いていた状況での事故に関して言えば、多少の過失は発生します。ただ、明らかに相手方が悪い場合でも、納得できない過失割合の算定を提示されることがあります。

過失割合は、損害額の負担の割合ですので、安易に受け入れない様にしましょう。納得のいかない割合ならば、なおさらです。今回は、納得できない過失割合の提示についての対処法をご紹介します。

そもそも過失割合とは

交通事故が発生すると、双方がどれだけ不注意だったのかを調べる必要があります。その不注意の割合を、「過失割合」と呼びます。過失割合の算出は、加入している自動車保険会社の担当者同士が話し合って決めます。

過失割合は、過去の判例に基づいて、「別冊判例タイムズ」という雑誌を参考に算出されます。この雑誌には、さまざまな事故状況の基本過失割合が掲載されています。

そこから個々の要素を足していく、もしくは差し引いたりして最終的にお互いの損害賠償額が決定されるのです。過失割合が大きいと加害者に、小さければ被害者となります。

判例タイムズについて

過失割合の算出においてバイブル的存在である「判例タイムズ」ですが、あくまで基準であって「絶対に正しい」というものではありません。もしも保険会社の担当者から、「判例タイムズで決められた事なので絶対的です。」という様な発言を受けた場合、納得のいかない過失割合であれば安易に受け入れないことをおすすめします。

過失割合は、事故の状況やお互いの過失などいろいろな要素が関係してくるので、判例タイムズのみでの算出はほとんどありません。判例タイムズは、参考書的な存在と考えれば良いでしょう。

納得いかない過失割合への対処法

実際に納得のいかない過失割合でも、諦めるのは早いです。「でもどうすれば良いか分からない。」とお考えの方も多くいらっしゃることでしょう。こちらでは、対処方法を詳しくご紹介します。

口頭で主張する

相手方の保険担当者が理不尽な過失割合を提示してきたとしても、この時点で割合が決定されたわけではありません。ですから、諦めずに口頭で主張します。「自分は悪くない」という強い心を持つことが重要です。

ただし、一方的な強い口調での自己主張は、相手の感情を逆なでしてしまう恐れがあるので冷静な態度で対応しましょう。

書面での主張

場合によっては口頭での反論よりも、書面で自己主張をした方が良いケースもあります。書面作成は、手間がかかりますが冷静に自己主張できることがメリットです。

書面作成のポイント
  • ありのままの事故の事実を記述
  • 加害者の運転について、どれくらい危険であったかなど
  • 自分自身の正当性
  • 加害者が事故の原因であることを強調

上記のポイントを押さえて作成すると、主張が相手にも伝わりやすいです。重要なのは、「分かりやすさ」そして「正当性の主張」です。

自分で事例を調べる

相手方に、事例の根拠を書面にするように求めます。過失割合の事例は、判例タイムズを基に算出しているので、書面が送られてきたら事例の内容がきちんとあてはまっているかどうかを自分で調べるのです。

判例タイムズはネットでも購入可能です。もしくは図書館に置いてある、日弁連交通事故相談センターの「交通事故損害額算定基準」を利用しても良いでしょう。

弁護士や自治体などの無料相談を利用する

弁護士による無料相談サービスや、交通事故の相談を無料で受け付けている自治体もあります。対面式はもちろんの事、電話でも相談できるので、時間がない時でも安心して利用できます。

なお、相談時間は短めなので要件をまとめてから相談するのがベストです。お住いの自治体にこの様なサービスがあれば、迷わず活用しましょう。

弁護士に依頼する

もしも、相手方との交渉が困難だと感じたら、弁護士に依頼するのも1つの方法です。専門家に任せれば、スムーズに解決へとつながるかもしれません。その為には、弁護士と依頼主との間に信頼関係が築いていることが大切です。ご自身が信頼できる弁護士に、依頼しましょう。

最終手段の裁判

過失割合の交渉がなかなか解決に至らず、それでも納得できない場合は、裁判という方法もあります。裁判の為に必要な書類や手続き方法などは、専門家の力を借りるのが1番です。また、加入している保険会社の担当者にもアドバイスを求めてみましょう。

まとめ

納得できない過失割合についての対応法はいかがでしたか?何よりも大切なのが、正当性を主張することです。解決に向けて、妥協せずご自身の心を強く持ちましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

保険金請求に欠かせない交通事故証明と発行手続きについて

NO IMAGE

飲酒、麻薬、危険ドラッグ使用による交通事故の任意保険について調査

NO IMAGE

無保険車の重い罪、またその罰則と事故対応について調査

NO IMAGE

交通事故後の手続きと流れについて調査