セゾン自動車火災保険の大人の自動車保険は40代、50代の保険料が安い?

コストがかかる自動車保険ですが、「少しでも安くしたい」と誰もが考える事ですよね。保険会社によっては、年齢別に割引制度を設けていることが多いのでそのような制度を上手に利用することは、自動車保険を節約するために大切です。

数ある自動車保険の中でも、セゾン自動車火災保険「大人の自動車保険」は40代50代をターゲットにした自動車保険で、保険料がお得な事を謳っています。今回は、大人の自動車保険はどれくらいお得なのか、内容、評判について調査しました。

大人の自動車保険

大人の自動車保険は、損保ジャパン日本興亜グループの一員であるセゾン自動車火災保険の自動車保険です。どの自動車保険にも言える事ですが、10代20代は保険料が高く、30代になると少しずつ保険料は下がり気味に。40代50代にかけて最も保険料を安く抑える事ができます。

これは、交通事故に備えるリスクに関わることで、年齢が若ければ若いほど事故率が高く、年齢が上がるにつれて事故率は低くなっていきます。40代50代は事故率が低い傾向なので、リスクに備える保険料は割安であるという事です。

特に大人の自動車保険は、40代50代がお得になる自動車保険料だと謳っていることで最近注目を集めています。

大人の自動車保険は本当に安いのでしょうか

大人の自動車保険のインターネットサイトでは、必要事項の記入で簡単に見積もりが可能です。氏名・住所などの個人情報を記入する必要がなく5分程で完了するのでとても便利です。

以下の条件で、大人の自動車保険の40代と50代の見積もりを出してみました。

*アルト HA35S *ゴールド免許 *本人限定 *年齢制限割 *6S等級 *インターネット割 *ペーパーレス割 *新車割 *早割
対人・対物賠償、無保険車障害無制限、自損事故(人身傷害3,000万円)

車両保険(100万)有り      車両保険無し
40代   65,460円                46,100円

50代   62,240円                43,490円

50代の方が数千円程度安いですね。

同じ条件で、ソニー損保で見積もりを出してみました。(ソニー損保では早割、新車割の適用設定は無し)

車両保険(100万)有り
40代      63,080円

50代      62,360円

40代では、ソニー損保の方が割安ですが、50代になると大人の自動車保険の方が若干安くなっています。

大人の自動車保険の特徴

実際に見積もりを出してみたところ、40代ではソニー損保と比べると大人の自動車保険は割高でした。
保険料だけを見てみると、大人の自動車保険の方が高いと思いますよね。
しかし、基本補償を見ると保険料だけで大人の自動車保険が高いとは一概に言い切れないのです。
大人の自動車保険の特徴として、基本補償が他の自動車保険と異なります。
大人の自動車保険の基本補償は、対人・対物賠償が無制限なのはもちろんのことですが、他にも「無保険車傷害」「自損事故傷害」「他者運転特約」というものがあります。

*無保険車傷害
任意保険に未加入の相手との事故の際に、死亡または後遺障害を負い、相手から十分に損害賠償が受けられない場合に補償される保険です。補償額は無制限になります。
加害者が無保険ですと被害額が高額になった時、経済的にも精神的にも負担を強いられることになります。基本補償に、無保険車との事故に備えられる保険がセットになっているのは金額に変えられない安心感があると思います。 ただし、ケガや物損事故の場合は適用外です。

*自損事故傷害
契約自動車を運転中に、ガードレールや電柱などにぶつけて死傷した場合、自賠責保険を超えた分の補償が受けられるものです。
こちらも、破損した自動車の補償はありません。また、人身傷害を選択した場合は補償がカバーされるので自損事故傷害はセットされません。

自損事故傷害の補償額

死亡保険金       1名につき1,500万円
後遺障害保険金    およそ50万円~1,800万円
医療保険金       1名あたり 入院6,000円/日、通院4,000円/日
重度後遺障害保険金 1名につき200万円

*他者運転特約
他者から借りた自動車を運転中に事故を起こした際、契約内容に従いご自身の保険から保険金を支払う特約になります。
他人の自動車を運転する機会がある方には嬉しい基本補償と言えますね。

ほかにもある嬉しい特徴

その他にも大人の自動車保険には年間の走行距離によって保険料を算出したり、補償の細かな設定によって個々にピッタリな自動車保険を造り上げることが可能です。
見積もりが簡単で、保険料がすぐに算出できるのも魅力的な特徴と言えるのではないでしょうか。

まとめ

大人の自動車保険の大きなポイントとしては、保険料の安さに加えて想定外の事故などに対応できる基本補償に注目しましょう。
特に「無保険車傷害」は、相手が無保険だった場合の事故に備えたいとお考えの方におすすめします。
保険料と合わせて、基本補償をよく確認して自動車保険を選びましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

イーデザイン損保の自動車保険は選べるプランが豊富?自分に合ったプランを選ぶことが...

NO IMAGE

三井ダイレクトの自動車保険は迅速な対応と便利なサービスが頼れる安心サービス

NO IMAGE

セコム損保の自動車保険の現場急行サービスは頼れるの?ロードサービスも充実!

NO IMAGE

アメリカンホームダイレクトに習う、ダイレクト型自動車保険についての注意点

NO IMAGE

あいおい・ニッセイ同和損保の自動車保険は1日保険、ドライバー保険など種類が豊富!

NO IMAGE

郵便局で加入できる自動車保険とは?他の自動車保険との違いとメリットデメリットを調...