車の盗難は車両保険で補償される?タイプによって補償の範囲も違う?

自分の車がある日突然盗まれた。。。
セキュリティーをしっかり行っていたとしても、盗難に遭ってしまう自動車。。。

保険に加入していても、悲しい出来事には変わりありません。もしも愛車が盗難に遭ってしまった場合には、車両保険が役に立ちます。車両保険に加入していない状態で盗難に遭ってしまうと、新しい車の購入など金銭面や精神面で負担が大きくなってしまいます。

また車両保険は、盗難だけではなく、車の様々な損害に対しても補償されるので可能な限り加入しておきたいですね。今回は、車の盗難に備えるべく、車両保険について調査しました。

車両保険とは

車両保険とは、契約車両が事故、自然災害、盗難、いたずらなどによって損害を受けた場合に補償が受けられるものです。補償の範囲が広いので、その内容を把握できていない方も多いのではないでしょうか。自動車保険会社の多くが、任意設定を採用しているので、必要でないと感じたら契約しないことも可能です。

車両保険のタイプ

車両保険のタイプは、「一般タイプ」「限定タイプ」の2つに分かれることが多いです。

「一般タイプ」は、補償範囲が広く、「限定タイプ」は範囲が限られていますが、「一般タイプ」よりも保険料が安い点が特徴です。

ソニー損保の車両保険の主な補償内容を例に、見ていきましょう。

題名 補償される事例
一般タイプ 電柱への衝突、自転車との接触、当て逃げ、転覆・転落、火災、爆破、落書き、いたずら、他の自動車との接触、飛来中または落下中の物による破損、盗難、台風、洪水、高潮、竜巻
限定タイプ 火災、爆破、落書き、いたずら、他の自動車との接触、飛来中または落下中の物による破損、盗難、台風、洪水、高潮、竜巻

2つのタイプとも、盗難には補償されますが、どの保険会社でも車両保険を選ぶと保険料は高くなる傾向にあります。保険料を節約したい方は限定タイプを、より広い範囲での補償をお望みでしたら、一般タイプを選ぶことをおすすめします。

車の盗難による補償

車が盗難に遭ってしまった場合、契約内容などにもよりますが、被害額分の補償が受けられます。車種の違いはあれど、車1台が無くなることはとても大変な事です。警察への手続きなど事務的な作業や、保険金の支払いが数ヶ月以上先であったりと、盗難に関してはいろいろなことに時間を有することがあります。

新しい車が入手できるまでは車が無い状態なので、代車が必要な方は代車特約が付帯している車両保険、または特約を選んでおくと良いでしょう。

車中の貴重品は補償される?

車が盗難に遭うということは、車中の物も一緒に盗まれている恐れがあります。貴重品など高価な物は、なおさら心配ですよね。車両保険は車に対しての補償なので、車内の所持品は補償対象外です。

この様な時は、「車内身の回り品特約」を付けることによって補償をプラスすることが可能です。ただし、こちらの特約でも現金、宝石、貴金属、有価証券等は補償されないので、乗車中以外は大切な物を車内に置かない様に心がけることがベストです。

盗難を防ぐ品々とは

車両保険に加入しただけでは、盗難は防げません。いくつかの方法を利用して盗難を予防しましょう。

警報機

近年の車には、警報装置が備え付けられていますが、そうでない場合は自分で用意する必要があります。

大きな音を出したり、光で以上を知れせてくれるもの、自分のリモコンにも通知が来るなどいろいろな種類があります。安価なダミータイプもあるので、お好みに合わせて選べます。

ハンドルロック

ハンドルを動かない様にしておけば、車を持ち運ばれることはありません。ただし、車上荒らしには対応できません。

GPS機能

セコムのGPSサービス「ココセコム」は、盗難車の位置を把握することができるので、盗難に遭った車を取り戻せる可能性が高くなります。月々900円~と気軽に利用できる料金も魅力です。

車両保険の注意点

車が盗難に遭って車両保険を使うと、翌年の更新時には保険料が上がります。また、ノンフリート等級は下がってしまいます。車両保険の保険料は、保険会社にもよりますが、車両保険のある・なしで比べてみると車両保険ありでは、保険料の総額が2倍以上になるケースがほとんどです。

車両保険の要・不要は、個人的な意見によって分かれるところですが、盗難に備えたいのであれば付帯しておくことをおすすめします。

「少しでも保険料を削りたい」、「しかし盗難にも備えたい」という方には、ダイレクト型自動車保険の車両保険は比較的安いので、いくつかの保険会社から見積もりを取って
みて下さい。

まとめ

「車両保険で補償される?車の盗難について」の内容はいかがでしたか?車の盗難に備えるためには、車両保険だけではなく予防グッズを使うなどして、自分の愛車を守りましょう。

一番安い自動車保険を見つけませんか?

自動車保険に加入する際、一括見積りを利用したら保険料が75,790円→41,590円となり、34,200円も安くなりました。

保険スクエアbang!なら無料で自動車保険の一括見積りが行えます。たった一度の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができるので、あなたに合った保険が見つかります。

保険スクエアbang!は310万人以上の利用者数で安心の実績があるので、すでに自動車保険に入っている場合も一度見直して見るのもいいでしょう。

無料一括見積りはここからできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

交通事故で格落ちした車を保険会社に損害請求する時のポイント

自動車保険の家族限定割引はどれくらい保険料が安くなるの?加入条件と割引率を調査

自動車保険のロードサービスの内容とは?JAFとの違い、選び方のポイントを解説

車を一時的に手放す時に発行する中断証明書の適用条件や必要書類とは?

自動車保険の補償額の相場はどれくらい?保険料の安易な節約はかえって危険!

NO IMAGE

自動車保険の名義変更、等級引継ぎの条件と必要な書類、注意点を調査